国際電業 安全靴でも操作スムーズフットスイッチSFGシリーズ好評

フットスイッチ最大手の国際電業(名古屋市昭和区円上町27―14、〓052―871―6621、古川長武社長)は、工作機械の機械安全意識が高まる中で、CEマーキング適合のロック機構付き全カバーフットスイッチ「SFGシリーズ」が注目されている。落下物の衝撃に耐え、しかも衝撃時の誤作動防止のロック機構付きで製品に対する安全対策評価を高めている。

欧米輸出用から始まった機械安全対策が国内使用機械にも施され始めている。特に、レーザー工作機械やNC旋盤、プレス機械、シャーリング機械などは予防的な安全対策が必要不可欠との認識が高まり、工作機械メーカーは安全対策機器の搭載を設計時に加味している。

国際電業のフットスイッチSFGシリーズは、全カバーのほか、外部衝撃や落下物による誤作動を防止するロック機構が付いている。カバーは衝撃試験100Jをクリアしており、重量物の衝撃にも耐えられる。

作業中に物の落下など予測外の事態が発生した場合、とっさにペダルを踏んで誤作動させる可能性もあるため、SFGシリーズはカバーの中が蹴り板とペダルを組み合わせる構造になっている。そのため、踏んでも動作せず、蹴り板を押し込んで初めてペダルが下がり動作する2重安全の仕組みである。安全靴での操作を考慮して、蹴り板は広くしてある。

電気的寿命は500万回と長寿命。IP66適合。CEマーキング適合品で、輸出機械に搭載されている。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG