2010電設工業展主要各社の出展製品 共立継器 19インチラックマウント電源切替装置 IDCの電気安定供給に威力

直流電気接触機器大手メーカーの共立継器は、19インチラックマウント電源切替装置を始めコンタクタ、継電器、端子台などの新製品を主体に出展し、高品質・高性能をアピールする。

19インチラックマウント電源切替装置はデータセンターや事業所に多数納入され高い評価を得ている。機種はHTS―E2S形、ATS形、HTS―SCN形がある。

HTS―E2S形は、高速切替用の瞬時励磁式機械保持型電磁接触器を使用し、通電時の損失を減らした省エネ型高速電源切替装置。同期検出器、停電検出器を内蔵、手動(同期)切り替え5ミリ秒以下、自動(停電)切り替え16ミリ秒以下の性能を備えている。機械式接点のため通電時の発熱が少なくラック内の温度上昇を低減できる。サーバ用PCなど停電時の電源瞬時切り替えに最適である。

ATS形は、主回路素子に小型の瞬時励磁式機械保持型電磁接触器を使用。優先電源の設定、優先側復帰時の時限設定などの対応が可能である。

HTS―SCN形は、主回路素子にサイリスタを使用した無接点型の高速電源切替装置。電流耐量が高いサイリスタを使用しているため、突入電流に強く高信頼。また、メンテナンスフリー、長寿命である。
(http://www.kyoritsu‐keiki.co.jp)

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG