オプテックス・エフエー 日本語表示モード機能を追加 モニターも1.8インチに拡大画像センサをリニューアル

2010年4月28日

オプテックス・エフエー(小國勇社長)は、好評を得ている画像センサCVS1シリーズをリニューアルした「CVS1―Rシリーズ」を発売した。標準価格9万8000円。初年度の国内販売目標は1000台。 CVS1シリーズは、各機能を1つのハウジングに内蔵したオールインワン設計と、コストパフォーマンス(標準価格9万8000円)で、センサ感覚で使える簡易型画像検査装置として、「画像センサ」というジャンルを確立。検査対象の色面積で判定を行い、広視野で1万5000色の高精度判別が可能である。 新発売のCVS1―Rシリーズは、基本操作や外形寸法などはCVS1シリーズと互換性を保ちつつ、次のように使いやすさを向上さ…