安全意識向上で取組み加速 安全対策機器

制御機器の中でも伸長著しい安全対策機器は、グローバル規模で市場が拡大している。世界市場は約1500億円と推定され、日本市場はこのうちの約15%、220億円前後と推定される。

市場が急成長している背景には、工場などでの安全な作業環境の確立、企業の社会的責任という立場から、機械安全への積極的な取り組みが進んでいることが挙げられる。また、市場のグローバル化に伴い、安全対策で先行している欧州の考えをベースにした国際規格取得への取り組みも活発化している。

規格面では、欧州の機械指令が改定され、欧州に輸出する機械・装置の安全制御回路は、EN
ISO13849―1:2008(ISO13849―1:2006)への対応が求められている。IEC61508の「機能安全」の概念である信頼性や品質も採り入れることで、リスクアセスメントを実施する上で分かりやすくなっている。

安全対策機器は、安全リレー、セフティドアスイッチ、セフティリミットスイッチ、非常停止用スイッチ、ソレノイド付き安全スイッチ、エリアセンサ、ラインセンサ、マットスイッチ、フットスイッチ、プログラマブル安全コントローラなど多種多様である。

製造現場での機械災害を防止する方法では、ガードによる安全防御と、安全装置による安全防御がある。安全を確保する方法では、エリア保護と、作業点保護があり、用途に応じて各種の安全対策機器を組み合わせるケースが多い。

また、防爆機器については、07年に防爆構造規格が改正され、市場への導入PRや啓発活動が活発化している。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG