山洋電気 最小・最軽量を実現入力電源DC48Vタイプ追加

山洋電気は、サーボアンプ「SANMOTION
R」のAdvancedモデルに、入力電源DC48Vタイプを6月1日から追加発売する。2010年度3600台、11年度5400台の販売を計画。新製品は、形状が116(高さ)×30(幅)×70(奥行き)ミリ、重さ230グラムと業界最小・最軽量を実現しており、同社従来品のAC電源入力のサーボアンプと同等の高性能ながら、約30%の小型化を実現した。

これによって機械・装置の小型化を図れる。

チップマウンター・半導体製造装置、小型ロボット、工作機械のオプション軸、搬送用などに最適。

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る