産業用イーサネット 社会インフラ分野で導入進展 アナログからの置き換え需要

2010年4月21日

産業用イーサネットがエネルギーや輸送などの社会インフラ用途で注目を集めている。世界的に経済の低迷が続く中で、国レベルでの景気刺激策として社会インフラ関連への投資を実施している国は多く、イーサネットベースのネットワーク構築に向けて産業用イーサネットスイッチの需要増に波及効果をもたらしているようだ。 米国の調査会社ARCによると、「産業用イーサネットスイッチ市場は、自動車や機械などのオートメーション分野からインフラ関連投資が主要なものになって、2011年までに2桁成長に戻る」と予想。 グローバルな経済低迷で私企業による投資が減少する中で、政府や電力・ガスなどの公企業がインテリジェント輸送、再生可能…