盤製造効率50%アップ萬所電機工業が新方式盤メーカーも導入へ食指

2010年2月24日

配電制御システムメーカーの萬所電機工業(広島県尾道市瀬戸田町林777―3、tel0845―27―2774、萬所孝行社長)は、配電・制御盤製造効率を50%アップできるMDK生産方式を開発し、公開しているが、不況下で製造の省コストを目指す配電制御システムメーカーの導入が増えている。 この生産方式は、作業のデータ化と工程の分業化により効率化とムダの排除を可能にしている。 電線の線種や長さ、電線番号、チューブの方向、キャップ・リングの指定、端子や処理の種類、接続先などをデータ化することにより、電線カット、マークチューブ入れ、入線、接続チェックなど分業化が可能である。データ作成工程ですべての接続チェック…