竹中電子工業 光源の色を数値管理パッシブ式カラーセンサ発売

竹中電子工業(京都市山科区四ノ宮奈良野町20―1、tel075―581―7111、林昇社長)は、様々な光源の色を数値管理できる「パッシブ式カラーセンサCS―R80」を発売した。

本体価格は3万8000円。目標販売台数は年間5000台。

従来の色判別アプリケーションは、目視による確認でロスが発生したり、高価な画像センサが使用されてきた。新製品のパッシブ式カラーセンサは、投光光源を持たない受光検出方式を採用、主にLED光源の発光確認や点灯色確認を行う。

目視によるロス軽減が解消され、高価な画像センサを使用することなく、安定して光源の色や色ムラの制御が可能で、電球・LEDなど各種光源の色管理の効率化に貢献する。

紫外色から白色、中間色から赤色までの可視光波長を光の3原色(R/G/B)に分解し、色比率判別する分光感度モニタ表示機能を装備。肉眼では見分けができない波長の差も、判別でき色ムラが検出できる。

各種LED、白色LED、電球色LEDも判別できるほか、外部に白色光源を用いることで通常のカラーセンサとしての使用も可能。ブラックライト(紫外線ランプ)を照射し、蛍光体の発光確認も可能である。

登録した色との差を0~999で表示可能な見やすいデジタル方式を採用、色の違いが数値管理できる。基準光源は、ワンプッシュで3色まで(モード3設定時)。外部入力(モード1設定時)で、離れた場所から簡単にティーチングできる。LED・各種光源の色管理用途として、照明用・ディスプレイ用などのLED関連分野、自動車用ライトモジュール(ブレーキランプ)やインパネ表示灯色の検査、制御盤のインジケータ表示灯の点灯確認や色確認などがある。別売品として専用ファイバユニット「FT105BC―CS」(3000円)を用意。

ANSYS

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る