アンドール 2次元CAD画面上で側面図や断面図を作成 3Dゲートモジュール発売

アンドール(小志田一喜社長)は、簡単操作の本格的2・5次元CAD/CAMシステム「CAMCORE
EX」の新モジュール「3Dゲートモジュール」を発売した。本体価格15万円(年間サポート費用は別途料金)。

3Dゲートモジュールは、3Dデータを2D変換する際の手間を大幅に削減でき、2次元CAD画面上で側面図や断面図の作成が可能なため、容易に操作できる。また、設計から製造まで幅広い分野で活用されている3Dデータの利点を、2次元CAD/CAMに取り入れることにより、新しい視点での工数削減が実現できる。

3Dビュー機能により、Parasolid、ACIS、IGES、STEPなど多様なフォーマットに対応。3Dデータのダイレクト計測や印刷ができる。

対象となる投影図を選択し、マウスの位置関係によりアイメソ図を含めると、最大で8方向の側面図を配置することができる。

断面図の作成は前もって定義した断面図を選択するだけで、断面図を配置することができる。さらに、三面図などを作成した後の位置調整用にレイアウトコマンドを用意。

また、3Dデータを単純に2D変換した場合、重複要素の発生や円/円弧の分断、微小線分化された3D曲線など、そのままではCAM定義の際に多くの問題が出てくるが、3Dゲートモジュールは、2D変換の際に自動で最適化処理を加えることができ何ら補正を加えることなくCAMで使用できるデータとなる。

NTTデータGSL

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

ページ上部へ戻る