新年賀詞交歓会 近畿電子部品卸商組合

2010年1月27日

近畿電子部品卸商組合(略称KEP、岡本弘理事長)は21日、大阪市中央区のホテル日航大阪で「平成22年KEP新春賀詞交歓会」を開催した。 冒頭、岡本理事長があいさつに立ち、次のように近況と今年の抱負を語った。 「昨年からの世界的不況のショックは大きく、当業界も後遺症が続いており、企業の業績も不透明となっている。この結果、2009年の電子産業の生産は2年連続で前年を下回った。昨年春先からエコポイントや中国市場の伸びで少しは持ち直したが、まだまだ厳しい状況が続いている。 今年もデフレによる影響が懸念されるが、国際競争を勝ち抜かなければならない。新興国の経済成長で世界経済は回復の兆しが見える。国内では…