Check !!

安川電機 「QMETドライブ技術」開発 スムーズなど加減速を実現電子式巻線切替え技術採用 電動車両向けの事業に弾み

安川電機は、電気自動車(EV)、ハイブリッド電気自動車(HEV)用に、高出力・高効率のモータドライブシステム「QMETドライブ技術」を開発した。QMETドライブ技術は、同社独自の電子式巻線切替え技術によって、モータの制御を最適に行い全速度領域で高い出力と効率の良い走行を可能にする。
QMETドライブは、自動車用のモータと、それをコントロールするインバータで構成。モータは1台で、低速域で高トルクと高速域で低トルクの2つの特性を併せ持っており、これにより定出力を広範囲で確保しながら、低速から高速までのトルク変動を感じさせないスムーズな加減速を実現できる。

これを実現したのが電子式巻線切替え技術とモータの磁石配置の工夫である。

電子式巻線切替え技術では、切替え時の変動が運転感覚に直接影響するため、半導体パワー素子を使った超高速切替えと、新開発の電流制御技術を組み合わせることで、まったく違和感のない自動車の加減速となっている。

モータも産業用の小型・高効率なIPMモータベースに、従来のモータが永久磁石の配置を、ほぼ同じパターンで行っているのに対して、QMETドライブでは自動車用に磁石の配置位置と形状を変えている。これは、自動車用のモータの1回転方向(正転)での効率を重視したもの。

同社では昨年3月、マツダのハイブリッドシステム搭載の水素ロータリーエンジン車向けに共同開発している。

QMETドライブは、EV、HEVといった電動車両向けの事業拡大に弾みをつけていくものと期待している。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG