2010年わが社の経営戦略 コスト競争力と顧客満足を徹底

昨年は、経済環境悪化の影響などで売上高、利益とも非常に厳しい数字となった。今年も当面は先が見えにくい状況で推移するだろう。デフレスパイラルも懸念されるが、政府主導による効果的な施策に期待をかけたい。こうした厳しい状況下では、コスト競争力を付けることが第1に挙げられるだろう。このために様々な手法を探り実行に移したい。

日本の技術力はまだまだ世界の中でも抜きん出ており、日本で作らないといけない製品がいろいろとある。当社でも技術力とともにコスト競争力を付け、引き続き顧客の信頼・信用を受け継いでいく。

第2は、当社が従来から基本としている「顧客満足の徹底」である。品質の良いものをいかに安く提供していくかが重要な要因である。このような厳しい状況下でも、自信を持って顧客に満足して頂ける製品づくりを継続していきたい。

最近の新製品の中では「協約形制御モジュール」が好評を得ている。同モジュールは制御回路、操作表示機器を電子回路化し、JIS協約形モールドに収納したもので、押しボタン操作など負荷の自動運転停止機能を、電子化・コンパクト化したものである。

運転状況などを表す表示灯などを操作パネルに集約することで、複雑な制御配線が不要となり、配線作業の効率化も図れるなど優れた特徴を持ち、今後、期待をかけたい製品の1つだ。

大きなテーマでは、太陽光発電関連の制御盤に注力している。この分野はすでに5年ほど前から参入しており、ソーラーパーク向けなど大きな物件に期待をかけている。

安全性・作業性を両立させた製品開発にも意欲的に取り組んでいる。制御盤の小型化や作業しやすい制御盤などを推進しており、顧客満足の向上に寄与している。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG