オムロン 超ロープライスを実現 デジタルタイマと電子カウンタ発売

オムロンは、従来機種の使いやすさをそのままに、画期的なロープライスを実現したデジタルタイマ「形H5CZシリーズ」(標準価格6500円~8600円)、電子カウンタ「形H7CZシリーズ」(同8600円)を発売した。

デジタルタイマ、電子カウンタは、食品・包装業界や工作機械、生産ライン、機器組み込み用途など多くのFA業界で使用されている。最近では、中国などBRICs諸国でも生産拡大に伴い、海外向け装置への組み込みやメンテナンスニーズで成長を続けている。

一方、新興国での生産拡大は低価格化競争に拍車をかけている。新製品は、こうした低価格要求に応えるため、配線や操作方法などの従来機種の使いやすさはそのままに、徹底的に経済性を追求しロープライスを実現。電源と入力回路を絶縁分離したデジタルタイマ/カウンタでは業界最安値である。

特徴は、タイマ(カウンタ)の電源~入力間を絶縁分離することで、誤配線による故障や感電、システムダウンなどを未然に防止。

デジタルタイマは、一般的なアナログタイマと同じソケット接続方式/配線なので、アナログタイマから簡単にデジタル化が可能。デジタル化することで、時間精度のアップや経過(残り)時間のモニタが可能になる。また、瞬時接点付きタイプもラインアップ、瞬時接点付きアナログタイマからの置換も容易である。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG