Check !!

2010年わが社の経営戦略 全社員一丸でものづくりに邁進

2010年3月期の売り上げは前年度比75%前後が見込まれる。一時は50%ぐらいまで落ちこんだが、昨年10月頃から回復基調になってきており、11、12月と上向きを持続している。このまま行くと、下期は前年同期比110%ぐらいになるかも知れない。

当社の事業の両輪はFAと車載であるが、この2つが落ち込んでいることから非常事態としての施策を進めてきたが、こういう厳しい状況になったことで、逆に全社員の団結力が高まり、部門間の連携・協力体制が強まっている。工場で人が足りない時には、いままでものづくり現場を見ることが少なかった営業や開発などから応援に入ることで、改めてものづくりの状況を見て理解が深まるというプラスの効果も生まれている。

11年3月期の売り上げは、09年下期比110~120%を考えているが、08年度の実績まで戻るのは難しいと思う。

新製品も、PLC、プログラマブル表示器、ロータリーエンコーダーなどのFA機器に加え、車載関連も注力していく。

PLCは新発売したセーフティPLC「AZシリーズ」をコアに、小型の「SJシリーズ」などを、FA用途だけでなく非FA用途の分野も開拓していきたい。

表示器は、ラインアップを充実させるが、特に廉価版やタッチパネル対応品の発売を計画している。ロータリーエンコーダーは、高分解能品の品ぞろえを充実させる。

さらに、モーション分野もジェイテクトとのコラボレーションで、顧客に選んでいただける姿勢で開発を進めたい。

一方、車載は環境関連を切り口にして、ジェイテクトと一緒に取り組む。すでに自動車産業向けの品質マネジメントシステムISO/TS16949の認証工場の取得もしており、しっかりしたものづくりを進める。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG