Fa関連機器の最新製品・技術動向 安全・安心追求へ大きな期待

自動認識機器は産業界の「安心・安全」と「品質」に対する関心の高まりの中で、着実に市場を拡大している。

製造履歴を管理するトレーサビリティ化に不可欠な自動認識機器・システムは、景気動向に関係なく投資を進める方向にある。

また、トータルコストを削減する上でも自動認識機器の活用が有効との意識も高まっている。

さらに内需型産業の医薬品、食品加工、化粧品なども比較的安定した需要が見込める

自動認識機器は、バーコードリーダー、RFID、バイオメトリクスなど用途によって使い分けがされている。

情報量を多く扱える2次元コードリーダーへの移行が加速している。

RFIDは電波法やUHF帯などの改正・開放などもあり、使いやすさが増している。特に、FA分野でのアプリケーションも増大している。ワイヤレス性という特徴は、配線作業やレイアウト変更が伴う工場などでは利点が多く、導入コスト、形状も変わってきていることで、一層普及に拍車がかかっている。

バイオメトリクス関連は、入出国管理で活用が進んでおり、市場規模は小さいものの評価は高まっている。

自動認識システムを工場の生産管理、生産設備や生産タクトに連動させ、組立工数・管理工数の削減、生産実績情報収集の向上、ペーパーレス化を実現できる。「安心・安全」と「品質向上」に加え、いま最も重要視されているトータルコストの削減を図る上でも、自動認識機器の導入による効果は確実であり、FA用途での活用はさらに加速が見込まれる。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG