イベント の検索結果

最先端を知る。先駆者になる。「LINXDays2018」 11月19日名古屋・20日東京・22日大阪で開催

リンクス セッション数も増加し充実 リンクス(東京都品川区、村上慶代表取締役)は、11月19日名古屋、20日東京、22日大阪で、年に一度のプライベートイベントとなる「LINXDays2018」を開催する。 毎年1000人以上が参加する大規模イベントで、カバーする領域も年を経るごとに画像処理からIIoTと広がり、またAI・ディープラーニング活用や組み込み画像処理といった最新の技術を取り上げるなど、その内容も年々深化している。 今回はセッション数も増加し、ユーザー企業の利用事例も豊富に用意されている。参加無料。   画像処理、IIoT、AI・ディープラーニング 内容さらに深化 LINXD…


NTT東日本、中小工場向けIoTパッケージ。かんたんスタート&安心の365日運用サポート付

NTT東日本は、簡単にIoTはじめられる「おてがるIoTシリーズ」として、機械の稼働監視を通じて製造現場を見える化し、効率化や異常時対応のスピードアップに役立つ「工場向けIoTパッケージ」を11月21日からサービス開始する。センサからネットワーク、クラウドまでIoTに必要なすべてをセットにし、加えて導入から運用までのITサポートもパッケージに含んだ形で提供する。 センサからクラウドまで一貫して提供する似たようなサービスは市場にいくつも出ているが、導入時だけでなく実際の利用後のサポートも含むことが大きく異なり、IT担当者が不足している中小企業でも安心して導入・活用できるというのが大きなメリットだ…


ハノーバーメッセ2019 世界と共創する絶好のチャンスが到来 世界最大・最重要の国際産業見本市

ハノーバメッセを主催するドイツメッセと日本能率協会ドイツメッセ日本代表部は13日、東京・ステーションコンファレンス東京でハノーバーメッセ2019に向けたカンファレンスを開催し、ハノーバーメッセ2019の見どころを紹介した。そのカンファレンスの様子をレポートする。 世界最大にして最重要の国際産業見本市・ハノーバーメッセ 2019年4/1〜4/5に開催 6500社出展・22万人来場予定 ハノーバーメッセは、毎年4月にドイツ・ハノーバー市のハノーバー国際見本市会場で行われる国際産業見本市。1947年に第1回が開催されて以来、70年以上の歴史を持つ。インダストリー4.0やデジタル化の最新トレンドと技術…


「計測展2018 OSAKA」11月7日~9日 グランキューブ大阪、過去最大規模で開催

「未来を、共創(つく)る」 最新トレンド、関西から発信 関西最大級の計測と制御技術の総合展「計測展2018 OSAKA」(主催=日本電気計測器工業会)が、11月7日(水)~9日(金)の3日間、グランキューブ大阪(中之島〔大阪国際会議場〕駅、2番出口すぐ)で開催される。 開場時間は10時~17時、入場料は1000円(事前登録者、招待券持参者、学生は無料)。   1955年に初開催された計測展は、東京と大阪で交互に隔年開催されるようになり、大阪開催は今回で15回目。 主催する日本電気計測器工業会(JEMIMA)は今年、創立70周年という節目の年であり、同展も、展示とカンファレンスの両輪の…


ロックウェル 東京にショールームオープン、動的環境で次世代製品展示

ロックウェル・オートメーション ジャパン(東京都中央区)は、本社営業部内にショールーム「カスタマ・エクスペリエンス・センター」を10月17日からオープンした。 同社としては初めてになるショールームは、「動的環境で、次世代製品、ソリューションの見学をしてもらう」ことを狙いに、同社の分析診断システム、生産管理/制御/監視システム、リニア輸送システム、高度サーボドライブシステム、インテリジェントドライブシステム、機械/プロセス安全システム、広域分野を網羅する電気制御機器、分散型アーキテクチャ、ネットワークセキュリティなどを展示。 目的やニーズに合わせて、次世代設備/機器開発の検討、IoT/IIoTソ…


IDC、エッジコンピューティング市場の調査結果を発表。経済性向上の期待が浮上

IDC Japanは、国内のエッジコンピューティング市場に関する調査結果を10月10日に発表した。主に、エッジコンピューティングのプラットフォームレイヤーと通信レイヤーにフォーカスした分析となっている。 IoT技術により収集したデータは、これまでクラウドで行うのが有効であると考えられてきたが、最近ではIoTデバイスの近くでコンピューティング処理を行うエッジコンピューティングの必要性が認識され始めている。 エッジコンピューティングを活用するメリットとして、通信コストの削減、接続が良くない環境でのコンピューティング機能の利用、ネットワーク遅延の減少、セキュリティ/プライバシーの向上、非力なデバイス…


「TOKYO PACK 2018 東京国際包装展」10月2日~5日 東京ビッグサイトで開催

「考えよう 地球をまもるパッケージ」 世界トップ技術結集 670社出展 包装の最新情報が一堂に集まる「TOKYO PACK 2018 東京国際包装展」(主催=日本包装技術協会)が10月2日(火)~5日(金)の4日間、東京ビッグサイトの東1~6ホールで開催されている。 世界最高水準にある日本の包装技術が2年ぶりに集結し、セミナーやイベントなども多数行われる。開場時間は10時~17時。入場料は1000円(招待券持参者、事前登録者は無料)。   TOKYO PACKは、2年に1度開催される国内最大の国際包装展。包装資材、包装機械から包材加工機械、食品機械、関連機器類、環境対応機材、物流機器…


11月19~22日名古屋・東京・大阪「LINXDays 2018」開催、世界最先端技術を紹介

リンクス(東京都品川区)は、11月19日(名古屋=ミッドランドホール)、20日(東京=虎ノ門ヒルズフォーラム)、22日(大阪=大阪ハービスホール)の3日間、世界最先端技術を紹介する技術者向けセミナー「LINXDays 2018」をリレー開催する。 同セミナーは、日本の技術者を対象に、IIoT技術と画像処理ソリューションについて紹介する年に1回のイベント。17年は、半導体、電気電子、ロボット、自動車、食品といった製造業におけるFA従事者を中心に、計1142名が来場した。 今回は、最先端の導入事例を中心に16のセッションを予定。大手ユーザーによる講演では、大塚製薬工場による、FA業界の中でも特に基…


【特別寄稿】マシンビジョンにおける照明の役割と最新技術、オプテックス・エフエー LED営業部

照明の明るさ自動管理と予知保全 マシンビジョンシステムとは、照明、レンズ、カメラ、画像処理装置が組み合わさったシステムであり、そもそも光源からの光なくして画像処理は始まらない。しかしただ照明で明るくすればうまくいくというものでもなく、照明の最適化がマシンビジョンシステムの成否を左右すると言っても過言ではない。本稿では、マシンビジョンにおける照明の役割と最新技術による明るさの管理について紹介する。   マシンビジョンにおける照明の重要性 照明から対象である物体に照射された光は、物体によって反射、散乱、屈折、吸収など、なんらかの作用を受ける。その光の一部をレンズが捉え結像し、カメラの受光…


「TOKYO PACK 2018」10月2日からビッグサイトで、国内最大級 670社が出展

「考えよう 地球をまもるパッケージ」 包装の最新情報が一堂に集まる国際包装展「TOKYO PACK 2018(東京国際包装展)」(主催=日本包装技術協会)が、10月2日(火)~5日(金)の4日間、東京ビッグサイト(東1~6ホール)で開催される。 同展は、前回(2016年)は669社が出展し、来場社数は登録者が6万2171人、会期中2回以上の来場者は18万4677人と、国内最大級の国際総合包装展として定着している。 今回も世界最高水準にある日本のさまざまな業界で活躍している包装資材・容器、包装機械を中心に、調達から生産、物流、流通、販売、消費、廃棄・リサイクルに至るまでのあらゆる分野を網羅する会…