「AUTOMATICA」2010注目のトピックス・併催イベント

環境問題は今やどの業界も無視できない重要な要因となっている。ドイツ機械工業連盟(VDMA)ロボット・アンド・オートメーション工業会、ならびにフラウンホーファー生産工学自動化研究所(IPA)とともにAUTOMATICAは、業界が環境問題に真剣に取り組み、地球にやさしい世界の実現に積極的に協力する姿勢を強く示す新たな共同構想《グリーン・オートメーション》を「AUTOMATICA2010」で初めて発信する。

オートメーション・ロボット・メカトロニクス業界は、もともと製造工程の最適化を通じて環境問題に貢献してきているが、革新的なソリューションで環境配慮型製品の生産工程を設計し、省エネ技術が確立されることを助ける本構想は、サステナブル経営にオートメーション技術が貢献することを示してくれるだろう。

「AUTOMATICA2010」では、《グリーン・オートメーション》構想を具現した関連製品・機器・サービスが多数展示されるほか、関心者とサプライヤが一堂に会する場の設定、ならびに環境配慮型製品として成功を収めている事例を紹介する特別展などが予定されている。

また、《グリーン・オートメーション》は、会期中行われるAUTOMATICAフォーラムの中心テーマのひとつとして、さまざまなプログラムで取り上げられる。

その他の注目イベントは、2008年に引き続き『Intersolar2010(ソーラー技術専門見本市)』、国際会議『ISR
2010』、そして『Robotik2010』が併催され、高い相乗効果が期待される。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG