soxスクラバ の検索結果

富士電機 船舶用排ガス浄化装置、98%以上の高脱硫率

富士電機は、船舶用排ガス浄化装置を10月、千葉工場から初出荷した。 船舶燃料の硫黄分濃度の上限は、2020年に現在の3.5%から0.5%(指定海域を除く)とすることが定められており、船舶所有者は低硫黄成分燃料への切り替えか、船舶用排ガス浄化装置を使用するなどの対応が必要となっている。 同社は、排ガスに海水を混ぜ、排ガス中の硫黄酸化物を低減するSOxスクラバを搭載した船舶用排ガス浄化システムを開発。世界で初めて内部構造にサイクロン技術を採用し、らせん状の配管から海水を噴霧することで、効率的に海水と排ガスを接触させる。98%以上の高い脱硫率で、0.1%規制の指定海域にも適用が可能。また、小型化の実…


【各社トップが語る2018】富士電機「システム強化し事業拡大」

取締役 執行役員常務 パワエレシステム事業本部長 友高正嗣 当社は、富士電機の総合力を最大限に発揮すべく、「社会システム事業」、「産業インフラ事業」、「パワエレ機器事業」を統合・再編し、2017年4月に「パワエレシステム事業本部」を発足。パワー半導体をベースとした「強いコンポーネントの創出」、「強いコンポーネントでシステムを強化」、「システムで海外事業を拡大」を事業方針として掲げ、スタートをきった。 17年を振り返ると、ファクトリーオートメーション事業においては、主力製品であるインバータ・FAコンポーネント(サーボ・コントローラ・HMI)を中心に、国内・中国の市場が堅調に推移した。特に中国市場…