ai の検索結果

NECソリューションイノベータ 食品製造で検査支援、AIとプロジェクションマッピング

NECソリューションイノベータは、AI技術で判定した不良品や異物などの対象物を、プロジェクションマッピング技術により生産ライン上で直接マーキングし、追跡する「NEC AI・画像活用見える化サービス/動的マーキングオプション」を、生産ラインの作業現場の品質や進捗の見える化を支援する「NEC AI・画像活用見える化サービス/生産管理・検査支援」のオプション機能として提供を開始した。 同製品は、プロジェクションマッピング技術により、プロジェクターの光が不良品や異物などの対象物をリアルタイムにマーキングして生産ラインのスピードに合わせて追跡することにより、検査作業や仕分け作業における現場作業者の負荷軽…


日本システムウエア モータ異常予兆検知システム、データ可視化しAIと連携

日本システムウエア(東京都渋谷区)は、エッジデバイスのデータを可視化し、AIによる異常予兆検知を行うEdge-AIシリーズとして、モータ異常予兆検知システムの提供を開始した。 同システムは、モータに接続するだけでデータの収集と蓄積、予兆検知モデルの学習、モデルを用いた推論による異常予兆検知が可能。NVIDIA社の組込みAIデバイス「Jetson TX2」に、各機能を組み込んだハードウエアパッケージ(1セット20万円から)として提供する。 すべての処理をJetson TX2内で行うため、サーバーやネットワーク環境に依存することなく利用することができる。DCモータやステッピングモータなどに幅広く対…


NEC ロボット作業用AI技術を開発、ティーチング 時短可能

NECは、ロボットのティーチング作業を自動化するAI技術「目標指向タスクプランニング」を開発した。 ロボットに作業させるには、一般的には専門家によるロボット動作のティーチングが手動で行われ、物品の整列や箱入れなどのロボットにとって複雑な作業は、作業手順とロボットの動かし方を最適化するための試行錯誤を行い、作業設定に数時間程度かかることが多い。 今回同社が開発したAI技術は、例えば「複数の部品を棚上のトレイに仕分ける」という作業目標を指示すると、バラバラに置かれた部品を適切な順序でピックアップし、棚にぶつからずにトレイに運ぶよう作業手順とロボットの動かし方を自動で最適化する。専門家が人手で2〜3…


三菱電機 世界初のAI新技術、人⇔機器 自然な言葉で意思疎通

三菱電機は、同社のAI技術「Maisart(マイサート)」を用いて、車載機器やロボットなどがセンサで収集した情報をもとに周囲の状況を理解し、人と自然な言葉で意思疎通ができる世界初の「Scene-Aware Interaction(シーン・アウェア インタラクション)技術」を開発した。 同社は今回、同技術の適用に向けたアプリケーションの一つとして、人と車載機器が周囲の物体や出来事について直感的にわかりやすい言葉で共有できる経路案内システムを構築。例えば、「50メートル先を右に曲がってください」というこれまでの画一的な経路案内を、カメラ画像を用いて「郵便ポストの手前で右に曲がってください」というよ…


特許庁調べ AI関連発明 出願件数が急増、第3次ブーム影響

特許庁は、AI関連発明の出願状況調査の報告書を公表した。AI関連発明の出願件数は第3次AIブームの影響で2014年以降急増して2018年には4728件に達した。企業別で最も出願件数が多いのがNTTで、富士通、日立製作所、ファナック、NECと続き、AIの適用先は画像処理や情報検索が多く、伸び率では制御・ロボティクス関連、医学診断が高くなっている。 AI関連発明は、AIコア発明に加え、AIを各技術分野に適用した発明を含めたものと定義しており、特にここ2・3年の間でAI適用技術が急増。全体の出願件数は16年1858件、17年3065件、18年4728件と大きく伸びている。第2次AIブーム最盛期の19…


NTTドコモ AI活用し企業マッチング、プラットフォームトライアル版スタート

NTTドコモは、中小製造業とものづくり企業をマッチングさせる「製造業受発注マッチングプラットフォーム」のトライアルサービスを8月3日から開始した。地域経済を支える中小製造業の取引を支援し地方創生につなげることを目的に、2021年春の商用化を目指すとしている。 同プラットフォームは、受注側の企業が事前に登録した、自社で製造可能な加工や素材・サイズ・保有設備などのデータと、発注側企業の要件とをAIを使用してマッチングを行い、発注から支払いまで一連の取引をサポートするサービス。受注側は自社の強みを生かせる案件を全国から獲得することができ、発注側は要件に合った高い技術力を持つ企業を見つけ発注することが…


JAISA「自動認識システム大賞」、デンソーウェーブに栄冠

日本自動認識システム協会(JAISA)は、22回目となる「自動認識システム大賞」の受賞作品を選定した。 大賞はデンソーウェーブ「QRコードを活用したホームドア用車両扉状態検出システム」、優秀賞は日立製作所「複数加盟店での指静脈認証による手ぶらで安全なキャッシュレス決済」、デンソーエスアイ「RFID活用の樹脂製通箱高速仕分けシステム」が選ばれた。


東芝インフラシステムズ 検針メーター読取支援、AI活用し数値化 iPhone版提供開始

東芝インフラシステムズは、AIでメーターの検針値を読み取り、設備点検・検針業務を軽減し、作業ミスや人手不足の解消に貢献する「メーター読取支援サービス」のiPhone版を、7月20日から提供開始した。 同社はすでに、帳票類等の電子化、作業項目・計画・手順のデータ化、データ入力の簡素化や自動化、入力データのタイムリーな報告などができる、設備点検支援クラウドサービス「Sharepo(シェアレポ)」のオプションとして、タブレット端末のカメラでメーターを撮影するとAIが自動に数値を読み取り、数値とメーターの写真を同時に検針帳票へ記録するサービスを提供しているが、今回、新たにiPhoneにも対応するサービ…


アズビル AI温度検知ソリューション、顔認識 0.5秒以内で体温測定

施設・会場の入場管理に アズビルは、感染症拡大防止に向けて、非接触で顔を認識して検温する「AI温度検知ソリューション」を販売開始した。同社は日本コンピュータビジョン(JCV)と事業提携を行っており、4月から国内向けにJCV社の顔認証システムの販売を開始している。 新製品は、この顔認証システムに高解像度赤外線サーモグラフィカメラを搭載し、非接触で0.5秒以内、プラスマイナス0.3℃の精度で検温することができる。マスク着用でも発熱者を検出し、高熱の場合にはアラートを発することも可能。また、同社の入退室管理システムとの統合によって、罹患者が出た場合には、過去にさかのぼって同時間帯の在室者なども調査す…


オムロン 欠陥抽出画像処理システム、熟練者の検査術 AIで再現

オムロンは、検査対象物の傷やダコンなどのサンプルによる学習をせずに、不具合を認識する欠陥抽出AI技術を搭載した画像処理システム「FHシリーズ」を、7月1日からグローバルで順次発売開始した。 新製品は、熟練検査員の経験などによる検査を再現できる画像処理システムで、人のような「感性」で傷を発見することを可能にしている。検査員がノウハウとして持つ「背景状の違和感を欠陥とする見方」をAIで技術化、画像フィルタとして搭載し、傷とノイズの区別がつきにくい複雑な背景でも、傷のサンプルや調整なしで欠陥を検出することができる。 また、ベテラン検査員が持つバラツキの許容ノウハウをAIで再現し、調整ノウハウを自動化…