2018展望 の検索結果

Sorry, but nothing matched your search terms. Please try again with different keywords.

Popular Articles

経産省 2020年版「グローバルニッチトップ企業100選」発表、世界で成功収める日本の優良113社

経済産業省は「2020年版グローバルニッチトップ企業100選」を発表した。選ばれたのは、世界市場のニッチトップ分野を勝ち抜いている企業やサプライチェーンの重要性を増している部素材の事業を持つ優良企業113社。日本の製造業の底力を体現している企業群となる。 グローバルニッチトップ企業の選出は、2013年に続いて7年ぶり。20年1月から2月に応募があった249社から113社を選び抜いた。 グローバルニッチトップ企業の定義は「大企業は、製品サービス市場の規模が100から1000億円で、3年間のうち1年でも20%以上のシェアを確保したことがある企業。中小企業は、同上で過去3年のうち1年でも10%以上の…

続きを読む





Random Articles

スマートグリッドの国際標準化(下) 26の重要アイテムごとに標準化戦略を推進 3年以内に対応決定「スマートグリッド推進協議会」(仮称)を設立

3、重要アイテムの標準化戦略 経済産業省の「次世代エネルギーシステムに係る国際標準化に関する研究会」では26の重要アイテムごとに、①積極的に国際標準化提案をしていくべき分野②国際標準化動向を単に注視していればよい分野③標準化すべきでない分野―の観点から検討を行った。 今後、この検討成果をもとに、3年以内にこのテーマで国際標準化に対応していく。 4、今後の展開 スマートグリッドの国際標準化戦略推進に向けて、次の施策を行う。 ①重要アイテムの着実な国際標準化の推進 研究会で特定した26の重要アイテムの国際標準化を着実に推進するため、既存のIEC等の国内対応委員会の強化を図ることが必要である。 この…

続きを読む