自動車 の検索結果

フォトロン、最大6ヘッド同時接続可能、自動車衝突安全試験用高速度カメラ発売

フォトロン(東京都千代田区)は、268万画素(1920×1400画素)で750コマ/秒、最高1万コマ/秒の撮影性能を持つ超小型カメラヘッドを最大6ヘッド同時接続可能な高速度カメラ(ハイスピードカメラ)「FASTCAM MH6」を、3月5日に発売した。 製品化の背景 自動車の衝突安全試験において、乗員保護や歩行者保護などの安全基準が強化される中、カーテンエアバッグやセンターエアバッグの研究開発が重要視されている。 衝突安全試験では、カーテンエアバッグの展開時に車室内からダミー人形の挙動を鮮明に撮影する必要があるが、高解像度のカメラは筐体が大きいため設置が困難であり、小型のカメラは解像度が低くて鮮…


シノプシス 自動車業界向けセキュリティリポート、サイバー攻撃受ける「62%」

抱える課題 技術・対策も不足 シノプシスと航空宇宙・自動車産業の技術者や専門家を会員とする非営利団体のSAEは20日、自動車業界向けのセキュリティレポート「最先端の自動車セキュリティ:自動車業界のサイバーセキュリティ・プラクティスに関する調査」を公開した。自動車業界の多くの企業で重大なサイバーセキュリティ上の課題を抱え、対策も不足している実態が明らかになった。 はじめに組織上の課題として、多くの回答者が自社開発のコンポーネンツに対するサイバーセキュリティの危険性と課題を認識しながら、会社の上層部に対してそれを報告できないと感じているという。 今後12カ月以内に車載コンポーネンツにサイバー攻撃を…


「アウトメカニカフランクフルト2018」報告② 自動車アフターマーケット、日本と世界の違い

国際色富む“ジェネリック部品” 9月にドイツ・フランクフルトで行われた世界最大の自動車アフターマーケットの国際見本市「アウトメカニカフランクフルト2018」。 自動車業界はEVや自動運転の話題でにぎやかだが、実際いま走行中の車の整備や修理、メンテナンスをどうしていくかは現在進行中の課題であり、同展ではさまざまなアプローチからそれに対する解決策が示された。そこで今回はアフターマーケット、特に純正品における日本と世界の違いに注目して報告する。   販売店中心に流通網が整備されている日本 日本は自動車メーカーの本拠地であり、新車の販売台数も世界屈指である。 自動車メーカー傘下の販売店を中心…


自動車業界を動かすソフトウェアとセキュリティの重要性 byゲイリー・マッグロウ(シノプシス)

メインフレームからコネクテッドカーへ ゲイリー・マッグロウ (シノプシス セキュリティ技術担当バイスプレジデント)   現代社会において、どれほどテクノロジーを否定しようとも、ソフトウェアを使わないようにすることは不可能です。ソフトウェアは、目には見えなくても、私たちが日常的に使うさまざまなものの一部として必要不可欠なものになっているからです。 現代の経済にとってソフトウェアは不可欠なものとなっていること、完璧なソフトウェアを構築するのは非常に難しいなどの理由から、ソフトウェアの不具合は、その信頼性、安全性、セキュリティ課題と切っても切れない関係になりました。 本記事では、信頼性と安…


ギークプラス、SLAM式AI搬送ロボット「EVE500M」をトヨタ自動車製造工場へ導入

ギークプラス(千葉県印西市)は、国内初の工場内導入プロジェクトとして、SLAM式AI搬送ロボット「EVE500M」をトヨタ自動車の自動車製造工場(愛知県豊田市)に導入いたしました。 ギークプラスは、トヨタ自動車の推進する自動車製造工程における自動化に対し、更なるソリューションの提供により、同社事業の発展に貢献いたします。 ▲SLAM式AI搬送ロボット 活用イメージ ▲EVE SLAM型 製品単体   SLAM式AI搬送ロボットについて 今まで、工場の製造ラインに部品を供給する際は、鉄製のレールや、マグネットテープ、天井面にレールを這わせたAGVを使用することが一般的でした。しかし、ル…


チャデモ協議会 電気自動車向け次世代充電規格、日中共同開発へ

日本発の電気自動車の充電規格「CHAdeMO」を推進するチャデモ協議会は8月28日、今後の超急速充電規格について、中国の電力関連の規格制定をつかさどる中国電力企業聯合会と共同開発を進めることを決定した。 チャデモ規格は最大電圧1000V、最大電流400Aの出力が可能。中国電力企業連合会は将来の超高出力化を見越しており、その共同開発先としてチャデモ協議会を選定した。将来的には大型車や産業用途まで広げることを視野に入れている。 電気自動車の充電規格については、CHAdeMOのほか、中国のGB/T、欧米のCOMBO、テスラがしのぎを削っている。今回の日中の共同開発により90%超のシェアを握ることにな…


ホリバ・ヨーロッパ、ドイツのFuelCon AG社を買収 電動化自動車計測事業を強化

ホリバ・ヨーロッパ社(ドイツ)は、電動化車両のバッテリーや燃料電池の開発を行うFuelCon AG社(ドイツ マクデブルク)の株式を100%取得する株式譲渡契約を締結した。9月に株式譲渡が完了する。 FuelCon AGは、次世代モビリティに関するスキルとノウハウを多く有しており、ホリバ・ヨーロッパは今回の買収により、バッテリーや燃料電池などを使用した広範囲にわたる自動車計測ソリューションの提供が可能となり、グループにおける電動化自動車計測事業を強化していく。 出典:「ホリバ・ヨーロッパ社、ドイツのFuelCon AG社を買収」


アウトメカニカ、9月11日~フランクフルトで開催 自動車の次世代整備 メンテ技術が集まる

9月11~15日、ドイツ・フランクフルト国際見本市会場で、自動車部品やカーアクセサリ、メンテナンス用品等の世界最大の展示会「automechanika FRANKFURT 2018(アウトメカニカ フランクフルト)」が開催される。 25回目となる今回は、電気自動車やコネクテッドカー、代替駆動システムに関する技術・製品とそれにまつわる最先端の整備技術を集めた「次世代のサービスとモビリティ」、タイヤやホイールとその管理システムなどタイヤ関連の専門展「REIFEN」など、新たなテーマと専門エリアを加えてパワーアップ。 進化が著しいエンジンや足周り、車載エレクトロニクスに加え、修理やメンテナンス用品、…


安川電機・中国 自動車生産の自動化で瑞祥工業と提携

安川電機は、子会社の安川電機(中国)が、中国の奇瑞汽車グループに属する瑞鵠汽車模具の完全子会社である安徽瑞祥工業(瑞祥工業)と、自動車の自動化生産設備の製造・販売において資本提携する契約を7月18日に締結した。 中国における自動車生産台数は拡大を続け、そのようななか、電気自動車(EV)に対する需要が今後も増えることが見込まれており、各自動車メーカーでのロボットによる自動化に対する設備投資が期待される一方、そのニーズは多様化している。 瑞祥工業は、金型、治具、車体溶接設備等のロボットを使った自動車生産用設備の製造・販売を行う事業を展開し、すでに自動車メーカーに対して生産管理や販売ルートに優位性を…


世界最大の自動車部品見本市「アウトメカニカフランクフルト」9月11~15日開催

自動車部品と用品、サービスの世界最大の見本市である「Automechanika Frankfurt(アウトメカニカフランクフルト、AMF)2018」(主催=メッセフランクフルト)が、9月11日から15日の5日間、ドイツ・フランクフルトで開催される。 同展は2年に一度、東京ビッグサイトの4・5倍の広さを持つ会場で開催される国際見本市で、前回16年には76カ国から4843社が出展し、170カ国から13万3000人が来場した。   出展範囲は、パワートレインやシャシーなど自動車部品、ECUやセンサ、照明、電源などエレクトロニクス製品をはじめ、自動車検査用の計測機器や補修剤など修理・メンテナ…