経済同友会 の検索結果

第17回 CEATEC JAPAN 2016 未来の技術4エリアで展開 最先端IoTが集結

【社会・街・家 CPS/IoTを 支えるテクノロジー・ソフトウェア】 ■未来の技術 4エリアで展開 アジア最大級の最先端IT・エレクトロニクスの総合展「CEATEC JAPAN 2016」(主催=情報通信ネットワーク産業協会、電子情報技術産業協会、コンピュータソフトウェア協会)が、4日から7日までの4日間、幕張メッセで開かれる。エレクトロニクスとIT関連機器の製品・技術が一堂に会する展示会として今回で17回目となるが、今回からIoT時代に対応した展示・イベントエリアを大幅に拡充し、従来から大きく刷新した展示が企画されている。開場時間は午前10時〜午後5時。事前のインターネット登録および招待券持…


安倍首相 第4次産業革命推進へ具体策 国際標準化、ドイツと協力 ロボット導入コスト削減へ

第4次産業革命、インダストリー4.0、IoTなど製造業を取り巻く新たなムーブメントが、世界的に動き始めそうだ。4月25日からのハノーバーメッセでは、ドイツのメルケル首相と米国のオバマ大統領が出席し、意見交換をする予定。日本でも安倍首相がドイツとの協力を明言するなど、インダストリー4.0を契機とする産業変革の波は政府間レベルまで波及しはじめている。 安倍晋三総理を中心とする日本政府は12日、総理大臣官邸で第5回「未来投資に向けた官民対話」を開催し、第4次産業革命、イノベーションについて議論した。安倍総理は「世界に先駆けた第4次産業革命を実現していく。製造現場の強みを共有するドイツと協力し、国際標…


IoT、インダストリー4.0 政財界にも理解広がる日本経済発展のカギ

製造業でIoT、インダストリー4.0の話題が盛り上がるなか、財界でもこの潮流に対する意識が変わりつつある。企業のトップがこれからの経済発展にはIoTが必須要素であり、そのなかでも製造工程における効率化が重要と認識しはじめている。政界、財界の理解が深まり、製造業にとって追い風が吹きつつある。 経済同友会の小林喜光代表幹事(三菱ケミカルホールディングス会長)は、9月29日に行われた記者会見で、安倍首相が打ち出した「新3本の矢」に対して、成長戦略のためには投資と労働参加率、新イノベーションが必要であると回答。 特にイノベーションについて「ICT、IT、ロボット、あるいはドイツのインダストリー4.0的…


1000人が遺徳偲ぶ 明治電機・故安井会長のお別れ会

明治電機工業(林正弘社長)は13日、故安井善宏氏(明治電機工業会長)のお別れ会をウェスティンナゴヤキャッスルで催し、1000人以上の参列者が故人を偲んだ=写真。 安井氏は1965年愛知大学卒業、同年明治電機工業に入社。92年に代表取締役社長、2012年から代表取締役会長を務めてきたが、今年9月に71歳で永眠した。 小学校から大学まで柔道部に籍を置き、社会人になってからも明るい、奥深い心で接し、人望のある存在として指導者の道を歩んできた。会社を株式上場させ、また、トヨタとの取引会社で構成する栄豊会会長、愛知大学同窓会会長、日本電気制御機器工業会商社委員会委員長、中部経済同友会常任理事と公職でも活…