展示会 の検索結果

ライト電業 2月14日からFA関連展示会、中四国・九州6カ所で開催

ライト電業(岡山市南区)は、恒例の「ライト電業オリジナル展示会2020」を、中四国・九州の6カ所で開催する。 同展は隔年で開催している中四国・九州地区最大級の最先端製造業向け展示会。今回で9回目となり、業界トップメーカー103社(この内初参加22社)が出展する。 18年の前回は5587人の来場があり、セミナーには1438人が参加するなど、大きな盛り上がりを見せた。 今回も昨年11、12月に東京で開催されたFAと制御の展示会「IIFES」や国際ロボット展で披露された最新の製品・技術・ソリューションが同地区でも展示される予定で、見られなかった製造関係者にとっては、見逃せない機会となりそうだ。 また…


【各社トップが語る2020】ソルトン「展示会などで種まき推進」志賀彰 代表取締役社長

ソルトン 志賀彰 代表取締役社長   2019年12月期の売り上げは前々年度からの受注残もあったことで前年度比10%増となり、計画を達成できた。 20年12月期の売り上げも前年度比10%増で計画してスタートしているが、受注残が少ないことから今年度は厳しさが予想される。ただ、5Gやバッテリー関連など期待できる市場も多いことから、今年は次の飛躍に向けた種まき活動を重点にしていきたい。 今年度も主力扱いメーカーであるストーブリのコネクタを中心に、アイコテック、シュレゲールの3社を柱にして取り組んでいく。ストーブリは、多種多様なコネクタをラインナップしており、ターゲットとなるお客さまも多い。…


【2020年年頭所感】日本電気計測器工業会「さらなる展示会の価値向上」西島剛志 会長

日本電気計測器工業会 西島剛志 会長   新年あけましておめでとうございます。 2020年の年頭にあたり謹んで新年のご挨拶を申し上げます。 2019年の当工業会を取り巻く状況を振り返りますと、世界経済では、米中貿易摩擦の長期化をはじめ様々な不確定要素があり、ますます経済の減速懸念が強まっています。一方で、日本再興戦略として掲げられた超スマート社会「Society5.0」や「Connected Industries」の実現に向け、「IoT」や「AI」などのデジタル技術活用への強い投資意欲は持続しています。 今年はいよいよ東京オリンピックが開催され、機運も最高潮を迎えます。同時に景気が上…


世界最大級の産業展示会「ハノーバーメッセ2020」出展企業を募集中

2020年4月20日~24日 「ハノーバーメッセ2020」 世界最大級のBtoB向け産業技術の専門展示会「ハノーバーメッセ2020」が、2020年4月20日から24日にかけてドイツ・ハノーバーで開催される。 今回は「Industrial Transformation(インダストリアル トランスフォーメーション)」をメーンテーマに、インダストリー4.0、FA、IIoT、AI、5G、スマートロジスティクスなどの最新トレンドとトピックスを紹介する。パートナーカントリーは急成長を遂げ、東南アジア最大のデジタル経済国を目指すインドネシア。 会場はオートメーション、モーション&ドライブ(自動化・駆動技術)…


JEP 通常総会、2つの展示会出展で活動訴求

全国電子部品流通連合会(JEP、岡本弘会長)は第45回通常総会を東京ガーデンパレスで10月16日開催し、2018年度事業報告、および収支決算、19年度の事業計画、収支予算などを審議し、承認した。 総会には会員247社から161人(委任状を含む)が出席した。 冒頭、岡本会長が「電気・電子業界は、前年度に引き続き19年度上期は悪化傾向が鮮明になっている。米中貿易摩擦の増幅やスマホ関連の停滞などが続いている。4K・8K放送が始まり、映像の質が各段に向上して新たな需要が見込まれる。JEPでは電子機器トータルソリューション展に協賛し、CEATECへも積極的に出展をしている。JEPのさらなる発展を図るため…


FA・計測業界最大の展示会「IIFES 2019」11月27日から東京ビッグサイト、開催向け準備着々

272社・団体、約1100小間規模 オートメーションと計測の最先端技術総合展「IIFES(アイアイフェス) 2019」が11月27日から3日間、東京ビッグサイト(西全ホールとアトリウム)で開催されるが、開催概要がほぼ固まった。 IIFESは、日本電機工業会(JEMA)、日本電気制御機器工業会(NECA)、日本電気計測器工業会(JEMIMA)の3工業会が合同で主催する展示会で、17年まで開催してきた「システムコントロールフェア(SCF)/計測展TOKYO」の名称を変更した。 新名称の第1回目となる今回は「日本発、MONODZUKURIが世界を加速する。」をテーマに、電機・計測産業を核とする産業界…


包装関連業界最大の展示会「JAPAN PACK」10月29日から4日間開催

「JAPAN PACK 2019(日本包装産業展)」(主催=日本包装機械工業会)が、10月29日(火)~11月1日(金)までの4日間、幕張メッセ(2~8ホール・国際会議場)で開催される。 1964年に第1回を開催してから今回で32回目となる同展は、日本語名称を「日本産業機械展」から「日本包装産業展」に今回から変更するとともに、初めて幕張メッセを会場にして開く。 出展者数は、前回(2017年)実績を上回る456社・団体、2282小間(9月12日現在)で、社数で11社増えている。このうち、約30%が新規出展者で、海外も中国、台湾などを中心に62社が参加する。   今回の開催テーマは「きっ…


2020年 新しいロボット展示会に期待大

来年2020年7月2日にロボット関連の新しい展示会が誕生する。それが「ロボットテクノロジージャパン」(主催:ニュースダイジェスト社)だ。 会場は中部国際空港・セントレアに隣接し、今年8月にオープンする愛知県国際展示場。日本の製造業の中心地で、新設の会場で新規のロボット展示会、すべてが新しいもの尽くし。 しかも多くのロボットが動く具体的なデモ展示が目玉になるというから、今から開催が楽しみで仕方ない。   同展は、「産業用ロボット・自動化システムの専門展」をコンセプトとし、サービスロボットやドローンなどは対象外。製造業や物流の現場の課題解決に特化し、来場者も愛知県を中心とする中部地方の製…


日本最大級のIT展示会「Japan IT Week [春]後期」5月8日から東京ビッグサイトで開催

日本最大級のIT展示会「Japan IT Week[春]後期」(主催=リード エグジビション ジャパン)が、5月8日~10日、東京ビッグサイト西展示棟と青海展示棟(西展示棟から無料巡回バス10分)で開催される。 同展は、西展示棟でデータセンター展、情報セキュリティEXPO、モバイル活用展、通販ソリューション展などが開催され、青海展示棟でビッグデータ活用展、AI・業務自動化展、ソフトウエア&アプリ開発展などを実施。合計11の専門展で構成され、IT業界を代表する展示会として、毎回、積極的な商談が行われている。 出展社数は前回を上回る約1180社、3日間で7万人の来場者数が見込まれている。 期間中は…


日応中展示会の違い

3月4月と日中欧の展示会に連続して行く機会に恵まれた。 まず中国。広州の自動化専門展のSIAF。ブースの標準的な構成は、実機展示と商談テーブルのみ。スタッフはスマホばかりいじっているが、いざブースに足を踏み入れると積極的に提案に来る。 あとで聞くと、スマホをいじっているのは遊びではなく、中国版LINEのWeChatでお客とコミュニケーションを取っているのだそうだ。   次いでヨーロッパ。ドイツのハノーバーメッセ 。ブース構成は中国と同じだが、デザインや見せ方は洗練されている。商談スペースは広く整っていて、大規模のブースだと軽食や飲み物を提供するカフェを完備している。お客が来ると、座っ…