変なホテル の検索結果

変なホテル

長崎県のハウステンボスにある「変なホテル」。チェックインやポーターのロボット化や、目覚まし時計やエアコンなど室内の設備をアシスタントロボットで制御でき、業務のほとんどをロボットが担う近未来型のホテルとして人気だ。 ロボットに囲まれる生活を体験できる面白いコンセプトで評判は上々のようだが、その一方で融通の効かなさ、生産性の悪さから、最近になってロボットをリストラして種類と台数を大きく減らしたというニュースが注目を集めている。   旅行サイトで宿泊者のレビューを見てみると、「ロボットが受付をしてくれるということで楽しみにしていたが、システムがわかりにくかった。期待しすぎたかも」「就寝時、…


【寄稿】Canonical社、ロボットシステムの構築における9つの重要な技術的検討ポイント

【寄稿】Canonical社 リージョナルセールスマネージャー 柴田 憲吾   ロボット市場は2021年までに2307億ドルへ 今年に入り英国議会では、ヒト型ロボット「ペッパー」が証人として登場し、証言しました。東京の「変なホテル」では多言語ロボットを導入し、宿泊客のチェックインで活躍しています。三菱地所は、都心のビルでロボットを警備や清掃に用いる実証実験を進めています。また、オリィ研究所は、障碍者が遠隔でロボットを操作して接客するカフェをオープンしました。 これらの事例は、ロボット技術が人工知能や機械学習と融合することで実現することができる、インターネットに接続されたスマートデバイ…


サービスロボットの導入加速 病院サポートやコンシェルジュなど

普及が進む産業用ロボットと同様、サービスロボットもここにきて身近な場面で導入が進んでいる。 パナソニックは7月27日、シンガポールのチャンギ総合病院に同社の自律搬送ロボット「HOSPI」が導入されたことを明らかにした。 同病院は、ベッド数1000床超、約140万人の医療の受け皿となっている公立病院で、先端医療の中心的な存在となっている。HOSPIは医療品や検体、カルテなどの搬送を担当し、24時間稼働で人員不足や医療活動への注力をサポートする。また同病院では、ケアベッドと車いすの1台2役をこなす離床アシストベッド「リショーネ」の実証実験も行っている。 シャープは、7月17日に開業した長崎県のハウ…