在日ドイツ商工会議所 の検索結果

在日ドイツ商工会議所セミナー 積層造形の活用探る、2日間で300人超参加

在日ドイツ商工会議所は、3Dプリンティングなど積層造形法の活用法を探る「アディティブ・マニュファクチャリング・フォーラム」を7月2日と3日、ベルサール神田で開催した。2日間で300人超が参加した。 講演では、SAPジャパン村田聡一郎氏による「海外勢から見た日本の製造業のデジタル化状況」にはじまり、ドイツにおける最新事情や新しいものづくりの潮流としてのアディティブマニュファクチャリング、導入や実用化までのアプローチのほか、積層造形で作られた製品の品質認証、粉末素材の技術紹介などが行われた。 展示スペースではDMG森精機、トルンプ、EOS Electro OpticalSystems Japan、…


在日ドイツ商工会議所 7月2、3日「アディティブ・マニュファクチャリング・フォーラム」開催

在日ドイツ商工会議所は、「アディティブ・マニュファクチャリング・フォーラム」を7月2日と3日、ベルサール神田(東京都千代田区)で開催する。 同イベントは、展示会とシンポジウムを同時に開催し、アディティブ・マニュファクチャリング(AM)に関する先進的な技術や製品を提供する日独企業の技術や事例を紹介。デジタル化社会を見据えた日独産業界の対話のためのプラットホームを提供し、今後の両国経済交流の更なる発展に資することを目的としている。 展示のほか、SAPジャパンやカブクによる基調講演、DMG森精機、イリス、トルンプなどによる企業プレゼンテーション、パネルディスカッションなども予定されている。 開場時間…


在日ドイツ商工会議所 4人に賞金など授与「ゴットフリード・ワグネル賞2009」

在日ドイツ商工会議所は、ドイツ・イノベーション・アワード「ゴットフリード・ワグネル賞2009」の授賞式を開催し、第2回受賞者4人に賞金などを授与した。 一等賞は、「低温で強くて壊れにくい鋼の開発」の研究を行った物質・材料研究機構の主幹研究員木村勇次氏で、賞金400万円と副賞として最長2カ月間にわたるドイツの研究機関・大学での研究活動のための助成金が授与された。 二等賞は、「三次元積層型集積回路のための自己組織化チップ実装技術に関する研究」で、東北大学大学院工学研究科バイオロボティクス専攻助教の福島誉史氏。 三等賞は、「生分解性バイオポリエステルの高性能化」の研究で、東京大学大学院・農学生命科学…


足し算と引き算を使いこなす

2012年に出版された「MAKERS(メイカーズ)」(クリス・アンダーソン著)から始まった3Dプリンタブーム。当時は「何でも作れる夢のような機械」と喧伝され、もてはやされた。 それから7年がたち、いまは3Dプリンタが話題となることは少なくなった。 ブームが一段落する一方で、産業界ではジワジワと導入が進み、活用例も出てきているようだ。   先日、在日ドイツ商工会議所主催の積層造形や3Dプリンティングに関するセミナーに参加した。日独両国から主要な3Dプリンターメーカーや素材メーカーが講演者となり、最新の技術動向や実際の活用事例を紹介してくれた。 日本のある大手自動車メーカーがシリンダーブ…


受賞者5人発表ドイツ・イノベーション・アワード

「第3回ドイツ・イノベーション・アワード ゴットフリード・ワグネル賞2010」の受賞者5人が発表され授与式が行われた。 1等賞は「細胞治療を助ける化合物の開発」に関する研究を行った京都大学物質―細胞統合システム拠点教授上杉志成氏で、賞金400万円と、副賞としてドイツ学術交流会(DAAD)により、最長2カ月間のドイツの大学または研究機関での研究活動のための助成金が授与された。 2等賞は「原子レベル制御による金属酸化物界面の創製と高移動度電子デバイス応用」研究を行った東京工業大学大学院理工学研究科教授大友明氏、3等賞は東京大学分子細胞生物学研究所准教授竹内純氏、独立行政法人物質・材料研究機構独立研…


「AUTOMATICA2010」日本での問い合わせ先

上述のとおり、出展申し込みはまだ引き続き受け付けられている。出展分野には、産業用ロボット、オートメーション・ソリューションはもちろん、日本企業が世界最先端技術を持つ『サービスロボット』・『プロトタイプロボット』関連も含まれる。同技術・サービスについては、特別展が企画されている。 この機会を貴社のビジネス戦略に取り入れてみてはいかがだろう。 来場に関する問い合わせを含め、日本では在日ドイツ商工会議所内に設置されている、メッセ・ミュンヘン・インターナショナル 日本代表部が対応する。 詳細は次のとおり メッセ・ミュンヘン・インターナショナル日本代表部 〒102―0075 東京都千代田区三番町2―4 …