加工 の検索結果

【提言】金属加工を襲うパラダイムシフト「PLA(ポリ乳酸)が起こすプラスチック革命」〜日本の製造業再起動に向けて(59)

数年前より「プラごみ問題」が地球規模の問題として、テレビなどで大きく取り上げられている。プラスチック製品が海に流れ込み、海洋動物が不運な被害者となる映像を見て、衝撃を受けた方も多いのではないだろうか? プラスチック製ストローの使用を禁止する企業や、規制をかける国(英、仏、台湾など)も出てきており、プラスチック製品は悪者の代名詞となっている。 プラスチック業界は、日本の製造業を支える年間数十兆円の巨大産業であるが、業界の存続を危ぶむ声もある。鉄などの金属をベースとした「金属加工業界」では、かなり以前よりプラスチック技術を注視し、金属製品がプラスチックに変わる恐怖を抱いていたが、プラごみ問題をキッ…


オータックス、アジア最大級のアルマイト加工ライン 中国・鶴山工場稼働

オータックス(横浜市港北区)は、中国・広東省江門市鶴山市に建設をすすめていた鶴山工場の第1期工事がこのほど完了し、10月中旬から稼働を開始した。 新工場はアジア最大級のアルマイト加工ラインを有し、80インチのテレビフレームを4辺同時にアルマイト処理が可能になるなど、最新鋭の設備を導入している。 第1期工事では、敷地面積約6万8600平方メートルに、3階建て床面積4万5000平方メートルと3万4000平方メートルの建物2棟を建設した。   現在、テレビフレームのアルマイト加工を7色同時に染色できる4ラインがフル稼働している。80インチのテレビフレームの加工に向けて112台の大型CNC加…


アマダ 新ベンディングマシン 「曲げ加工」簡単に設定、人手不足に対応

アマダは、人手不足や変種変量生産に対応するベンディングマシン「HRB」シリーズを、日本と北米にて発売開始した。今後はグローバル市場へ順次展開していく予定。 HRBシリーズは、NC装置「AMNC 3i」に加工プログラムが容易に作成できる「LITEモード」を新たに搭載しており、スキルや年齢、国籍に関わらず簡単に曲げ加工が行えるベンディングマシン。23言語に対応し、タッチパネル上でナビゲーションに沿って曲げ加工の設定が行える。 全自動金型交換装置を標準搭載した機種をラインアップしており、熟練技術を必要とする金型交換が不要のため、変種変量生産にも対応。 曲げ加工には、油圧ピストンポンプとそれを制御する…


三菱電機 形彫放電加工機2機種、加工状態をリアルに把握

三菱電機は、電気部品や電子部品などの微細部品からスマートフォン・自動車部品といった中・大面積部品まで、多種多様な加工に適した形彫放電加工機の新機種「SGシリーズ」2機種(SG8/SG12)を12月5日発売した。 新シリーズは、同社のAI技術「Maisart(マイサート)」を活用した新適応制御技術により、加工状態をリアルタイムに把握でき、最適な制御を自動切り替えすることで従来機と比べて生産性が最大35%向上。加工時間を自動算出する「加工時間見積もり機能」を搭載し、前後の工程で生じる段取り時間のロスが削減できる。 ヘッド部分の鋳物形状・剛性の改良など機械構造を見直し、高精度ボールネジを採用しており…


日東工業 穴加工図面作成Webシステム「キャビスタ」

盤設計加工の省力化実現 日東工業は、ECAD盤設計で同社のキャビネット加工が簡単・短納期に行える「ECAD・キャビスタ連携」を「IIFES2019」で紹介する。ブース№は西4ホール4-47。 日東工業グループのECADソリューションズが開発した「ECAD」は、国内導入実績№1の電気設計専用CADで、クラウドから部品ライブラリを入手し、図面の標準化、正確な部品表が可能になっている。 日東工業の穴加工図面作成Webシステム「キャビスタ」は、キャビネットの穴加工価格が一部無料で行え、省力化に結び付く。生産状況による納期をキャビスタ画面で確認可能。 キャビネットデータは、データ・ダウンロードサイト「N…


ソディック リニアモータ駆動形彫り放電加工機 新製品

ソディックは、スマートフォンやタブレット、精密自動車部品などに代表される精密金型、精密部品加工において好評のリニアモータ駆動形彫り放電加工機の新製品「AL40G/AL60G」を、11月1日から発売した。 新製品は、リニアモータ制御技術と最先端放電制御技術、AI機能、IoTプラットフォーム、温度管理システムなどを融合させた、新世代の精密形彫り放電加工機。新開発のSP電源を搭載し、各種放電制御・放電回路により、荒・中・仕上げの全ての放電加工領域で、加工の精度、速度、品質の向上を実現。CAE解析技術により最適に設計された高剛性本機構造を採用している。 また、機械各部の温度をセンシングによって精密補正…


ブラザー工業 小型複合加工機2機種、広範囲で省人化に対応

ブラザー工業は、加工物の範囲を広げ、省人化に対応した小型複合加工機「SPEEDIO(スピーディオ)M200X3」「同M300X3」を発売した。 新製品は、従来の小型複合加工機を高機能化し、省人化の要望に応えたモデル。自動車部品、一般機械部品の量産加工分野において、旋削加工とマシニング加工が必要なワークを1台で工程集約することができ、生産効率向上に結び付く。 旋削加工からマシニング加工機へのワークの付け替えが不要で、ハンドリング時間も削減できる。 品質面では、ワークを固定するために1回だけつかむワンチャッキング旋削工程とマシニング工程を行うため、工程変更時のチャッキングに伴う位置精度の誤差が発生…


三菱電機 次世代半導体材料も対応、マルチワイヤ放電スライス加工機

三菱電機は、SiC(炭化ケイ素)やGaN(窒化ガリウム)など、次世代半導体材料の放電スライス加工を実用化したマルチワイヤ放電スライス加工機「DS1000」を11月1日に発売する。 新製品は、同社独自のマルチワイヤ放電スライス技術「D-SLICE」の搭載によって、高硬度なSiCや高脆性なGaNなどの放電スライス加工の実用化を可能にしている。 新開発の「マルチワイヤ放電制御」により、次世代半導体材料を同時に20枚スライスでき、ワイヤの間隔を最小600μmで周回可能で、素材の有効活用率を従来比20%向上させている。さらに、非接触加工によって、材料割れや表面のダメージを抑制し、歩留まりを従来比40%改…


日立ソリューションズ・テクノロジー 現場の見える化実現、組立加工ライン向けMESソリューション

日立ソリューションズ・テクノロジー(東京都立川市)は、製造現場のデータを効率よく収集、電子化し、現場の見える化とトレーサビリティを実現する組立加工ライン向けMESソリューション「VCIM-PA」を、10月1日から提供開始する。 新製品は、データ入力と収集を簡素化する機能を追加しており、作業者の負担を軽減し、組立加工ラインにおける工程の状態把握、作業者への指示などを自動化したい中小規模工場に適したMESソリューション。 製造実績情報や製品トレーサビリティを収集する際、作業者による手入力が基本となり、記入ミスや集計に時間がかかるなどの課題があるが、新製品は音声、CSVファイル、PLCから効率よく収…


村田機械 タップ加工やバリ潰し、ファイバーレーザ複合加工機

村田機械は、タップ加工が可能なファイバーレーザ複合加工機「MF3048HL」を7月31日から販売開始した。 新製品は、タレットパンチプレスをベースとし、ファイバーレーザの切断加工を付加した複合加工機。パンチプレスのプレス能力は30トンで、ファイバーレーザの出力は3.0kW。54または44のステーションを備えたタレットとタッピングユニットを装備しており、穴あけ、成形、タップ加工が行える。 穴あけは大口径パンチ、成形はルーバーなど多彩な成形、タップはサーボモータにより制御された高品質な加工ができ、さらにバリ潰し加工などのフレキシブルな加工も可能。