データ仮想化 の検索結果

【DXツール導入事例】大林組、データドリブン経営の推進に向けて

データ仮想化ソリューション「Denodo」によるデータプラットフォームを構築 大林組は、DX(デジタルトランスフォーメーション)を推進する取り組みとして、データに基づいて意思決定を行うデータドリブン経営を強化している。 その基盤として、2019年にBI・データウェアハウスソリューションを専門とする株式会社ジール(本社:東京都品川区、代表取締役社長:岡部貴弘)の技術支援を受けてデータプラットフォームを構築し、運用を開始している。 データプラットフォーム構築のプロジェクト開始からPoC、実運用までの取り組みについて、要点を抜粋して紹介する。   PoCから導入 ジールが支援 部門間の閉じ…


【DXツール導入事例】 大林組、データドリブン経営の推進に向けてデータプラットフォームを構築

大林組、データ仮想化ソリューション「Denodo」でデータプラットフォーム構築。PoCから導入をジールが支援  大林組は、DX(デジタルトランスフォーメーション)を推進する取り組みとして、データに基づいて意思決定を行うデータドリブン経営を強化している。その基盤として、2019年にBI・データウェアハウスソリューションを専門とする株式会社ジール(本社:東京都品川区、代表取締役社長:岡部 貴弘)の技術支援を受けてデータプラットフォームを構築し、運用を開始している。データプラットフォーム構築のプロジェクト開始からPOC、実運用までの取り組みについて、要点を抜粋して紹介する(導入事例の詳細・全文はこち…


ペガ プラットフォーム用プラットフォーム発表、企業のサイロ化解消

ペガジャパンは、組織全体のサイロ化を解消し、作業の合理化を実現するクラウド型ソフトウエアアーキテクチャ「Pega Process Fabric」を発表した。 同アーキテクチャは、動的API、オープンUXフレームワーク、UIコンポーネント、ロボティクスオートメーション、データ仮想化を組み合わせることで接続ギャップを端から端まで橋渡しするもので、企業のサイロ状態を解消する。さまざまなベンダーのエンタープライズテクノロジーを集約・融合して「プラットフォーム用プラットフォーム」に統合。個々のコンポーネントはバックグラウンドで独立して動作して、ユーザーと顧客にとって1つのまとまりとして機能するようになる…