Search Results for センサ

竹中電子工業 継ぎ目検出用超音波センサ発売 薄いフィルム・連続包装小袋など

竹中電子工業(京都市山科区)は、薄いフィルムや連続包装の小袋の継ぎ目などを安定して検出できる「継ぎ目検出用超音波センサ US-T04AN」を7月3日から発売した。目標販売台数は年間2000台。 新製品は、透過形アナログ方式の超音波センサで投音器から受音器に発する超音波信号の強度を正確に判別し、検出ワークの色・デザイン・光沢の有無に関係なく、薄いフィルムの継ぎ目や、幅の小さな連続包装のシール部を安定して検出。用紙やフィルムの検出が難しい印刷機・包装アプリケーションでの使用に適している。 装置組み込みに最適なアンプ内蔵形アナログセンサで、形状は小型M18シリンダを採用。多重反射の影響を極力少なくし…


日本航空電子 高精細印刷フィルムセンサ販売 タッチパネル感度大幅向上

日本航空電子工業は、メタルメッシュタイプの車載用静電容量式フィルムセンサを発売した。 新製品は、高精細印刷技術を用い、センサパターンをメタルメッシュ化(金属細線を格子状に配線)することで、タッチパネルの感度を大幅に向上させた大画面対応可能なフィルムセンサ。フィルム基材上に電極を形成することにより、通常2枚で構成されるフィルム基材を一枚として、軽量化、薄型化、さらに曲面化など多様なデザインへの対応も可能としている。 また、今後、さらに高画質化する液晶との組み合わせでは、メタルメッシュのパターンを最適化設計することで、外観品質を高めることができるとしている。同社では同製品を「FLEXCONVERT…


チノー MEMS水素センサ 長寿命・高耐久性実現

チノーは、従来のセンサに比べ、長寿命・高耐久性、高速応答を実現し、メンテナンスの手間を大幅に削減する「MEMS熱伝導型水素センサ」を、東北学院大学工学部の木村光照教授と共同で開発した。 今回開発した水素センサは、MEMS技術により基板の熱容量が小さい片持ち梁構造とし、温度変化や温度差を計測するのにたけている熱電対式温度センサを採用。わずかな温度変化を捉えることが可能となり、水素ガスの爆発限界以下の低濃度域(0~4%)で、測定精度プラスマイナス0.3%の検知能力を実現している。 また、同社独自の湿度補正技術を開発。湿度が存在しても水素ガス濃度の高精度測定を可能とし、湿度などのベースガスが一定な条…


ラピスセミコンダクタ 工作機械稼働監視向け基板発売 電流センサとIoTデバイス

ロームグループのラピスセミコンダクタ(横浜市港北区)は、工作機械の稼働状況モニタリングを容易に実現する電流検出用中継基板「CT Sensor Shield」を開発。チップワンストップ、ザイコストアでインターネット販売を開始した。 同社は、初心者でも簡単に電子工作やIoTのプロトタイプが作れる、マイコンボード・周辺モジュール・開発環境などを含めたリファレンスデザインシリーズ「Lazurite」を開発。既にマイコンボード「Lazurite Sub-GHz」と、Raspberry Pi用無線ゲートウェイ「Lazurite PiGateway」を発売している。 新製品は、Lazurite Sub-GH…


東邦電子 芯温センサ 各種タイプを品ぞろえ

東邦電子は、各種温度センサ及び制御機器の設計・開発、半導体ウエハー計測用プローブカードの設計・開発などを行なっている。 FOOMA JAPAN 2017では、芯温センサ、湿度センサ、非接触センサ、ワイヤレス温湿度ロガー、ワイヤレスCo2ロガー、ワイヤレスセンサと受信機、ゲートウエイ、Co/Co2トランスミッタ、デジタルコントローラなど、同社の誇るセンサからコントローラまでの幅広くそろった製品群と高い技術力・ソリューション力を披露する。小間番号は4A-11。 FOOMAでの見どころは、食品工場内、店舗等における小規模な環境データ管理から、インターネット網に接続して遠隔での集中管理への拡張もできる…


理化工業 無線温度センサ変換器「NWS-Mini」 汎用センサに接続可能

理化工業はFOOMAに、新型温度調節計、無線温度センサ、携帯用温度計、ピーク電力抑制器など温度にかかわるソリューションなどを多数展示する。小間番号は6R-03。 新製品の無線温度センサ変換器「NWS-Mini」は、汎用の温度センサ(K熱電対)に接続することで、簡単に無線温度計測システムが構築できるもの。 接続できるセンサは、同社の貼付型温度センサST50シリーズや、市販のシース型K熱電対など、さまざまなK熱電対式温度センサが可能で、最大6台まで対応可能。また、設置方法も金属面設置(マグネット内蔵型=オプション)や、ストラップ設置などが選べる。 無線周波数帯は、2402~2482MHzで、通信距…


TDK 米InvenSenseを買収 センサソリューション事業強化

TDKは、5月18日に米InvenSenseの全発行株式を現金対価で取得し、買収を完了した。買収価格はInvenSenseの株式1株あたり13.00米ドル、総額は約13億米ドル。今後、InvenSenseは同社の100%子会社となるが、Behrooz AbdiCEOが引き続きInvenSenseを率いていく予定で、同社の新たな組織であるセンサシステムズビジネスカンパニーのMEMSセンサビジネスグループゼネラルマネージャーとしても就任する。 同社では現在、自動車、産業機器及びエネルギー、ICTを重点3領域と位置づけており、その成長戦略として、これらの重点領域を通し、IoT領域における事業機会獲得…


ジック センサで展示会開催 最新3D技術など

ジック(東京都中野区)は、新製品紹介プライベートセミナー「SICK Future Collection 2017」を5月22~24日、本社内のソリューションセンターで開催し、約200人が来場した。 「Sensor Forest(センサの森)」と名づけた会場には、新製品、発売予定製品19アイテムが集結。2017年の同社のテーマである「Agility(機敏)」に対応した社会インフラ、物流、工事現場管理、自動運転などに貢献するアプリケーションが披露された。 CMOSセンサを内蔵した3Dビジョンセンサや、高低差のある2枚のバーコードラベルを読取ができる2Dバーコードリーダ、予め決められた形状、重さの範…


コグネックス 使いやすさを追求した高精度計測センサを発売

コグネックスは、製品寸法を検査および検証するための測定システム「In-Sight Laser Profiler」を、5月16日に発売した。 同製品は使いやすさを追求した高精度計測センサで、数ステップで検査アプリケーションを構築できるEasyBuilderインタフェースを搭載している。 ボタンをクリックするだけで、プロファイル最適化テクノロジで部品の輪郭をレンダリング。最新の対象物検出技術により、高価な治具の必要性を最小限に抑え、正しい場所で確実に測定を行うことができる。 柔軟なIn-Sightレーザープロファイラツールセットで特徴を抽出し、製品が許容範囲内で製造されているかを判断。測定値はPL…


オン・セミコンダクター イメージセンサ 防犯カメラ用に新製品

オン・セミコンダクター(東京都台東区)は、防犯・監視カメラをターゲットにした、2.2ミクロン裏面照射(BSI)ピクセル技術に基づくイメージング製品AR0521CMOSイメージセンサを発表した。 同製品は、2592(H)×1944(V)のアクティブピクセルアレイを備えた、小型オプティカルフォーマット1/2.5インチ(7.13ミリ)、5メガピクセル(MP)のデジタル・イメージセンサで、ローリングシャッター方式の読み出し技術を用いてリニアまたはハイダイナミックレンジ(HDR)モードで画像をキャプチャする。また、ビニング、ウィンドウイング、ビデオモード、シングルフレーム・モードなどの精巧なカメラ機能が…