オリエンタルモーター の検索結果

オリエンタルモーター「ラック・ピニオンシステム」DC電源タイプ追加

オリエンタルモーターは、オープンループ制御とクローズドループ制御の利点をハイブリッドした「α STEP AZシリーズ」を搭載したラック・ピニオンシステム「Lシリーズ」に、DC電源入力タイプを追加した。 同製品は、モータの回転運動を直線運動に簡単に変換でき、直動機構部をコンパクト設計で高強度加工をすることにより、大きな負荷の搬送が可能。 ストロークバリエーションは100から1000ミリメートルで、上下駆動で最大100キログラムまで搬送可能。サポートソフトを使って運転データや各種パラメータの設定・編集ができ、移動量をミリ単位で簡単に設定可能。


オリエンタルモーター 2つの制御を兼ね備えるステッピングモーター「αSTEP」

ロボ・AGV設計活用進む 小型・軽量・薄型低価格の導入可能 クローズドループ制御とオープンループ制御の両方の制御ができるステッピングモーターとして、20年以上にわたってFAや自動機業界でヒットしているオリエンタルモーター「αSTEP(αステップ)」。 人手不足でロボットや自動化需要が盛り上がるなか、さらに広がりを見せている。   FAや自動機で20年以上ヒット αSTEPは、ステッピングモーターながらクローズドループ制御機能を持ち、状況に応じてオープンループ制御と切り換えながら使えるハイブリッドのステッピングモーター。通常はオープンループ制御で動き、負荷が高まったらクローズドループ制…


オリエンタルモーター 東京でフェア開催、モータの最適制御を提案

オリエンタルモーターは6月20日、東京・蒲田の大田区産業プラザPiOでプライベート展示会「オリエンタルモーターフェア」を開催した。今回は展示方法をユーザーの用途に合わせたデモ機を中心とするアプリケーション展示へとガラリと変え、新たなモーターの使い方の紹介が好評だった。 会場には「運ぶ」「つかむ」「塗布」「圧入」「巻取り」「微細送り」「温度管理」のアプリケーションエリアを設け、それぞれにブラシレスモーター、ステッピングモーターを使ったコンベア搬送や昇降機、多関節ロボット、ロボットハンド、圧入機などのデモ機を設置。タクトタイムの短縮、装置の小型軽量化、低騒音化、稼働状況の可視化、予知保全、省エネ、…


オリエンタルモーター IP67対応ブラシレスモーター、装着したまま水洗いOK

オリエンタルモーター(東京都台東区)は、ブラシレスモーター「BMU/BLE2シリーズ」出力200Wの防塵・防水仕様コネクタタイプを、6月17日から発売した。 新製品は、高効率で正確な速度制御を実現するブラシレスモーターBMU/BLE2シリーズに、保護等級IP67を備えたもの。錆びにくい特殊な塗装で、出力軸や取付ねじにステンレス材を採用したことにより、防錆性に優れている。モーターとドライバ間をつなぐ専用のコネクタにはメッキ処理を施し、耐久性も向上。 粉塵や水がかかる環境でも使用ができ、水が流れやすいデザインとなっており、装置に取り付けたまま水洗いが行える。


オリエンタルモーター「コンパクト電動シリンダ」 ワイドテーブルタイプ登場

オリエンタルモーター(東京都台東区)は、コンパクト電動シリンダ「DRシリーズ」に、αSTEP AZシリーズを搭載したワイドテーブルタイプを3月29日から発売した。 DRシリーズは、ステッピングモーターにボールねじを組み込んだ直動機構のアクチュエータで、取付角寸法28ミリメートルとコンパクトなため、装置の小型化や軽量化を実現。装置設計や部品の選定時間の短縮とコストの低減も可能。 2018年に発売したロッドタイプ、ガイド付きロッドタイプ、テーブルタイプに続いて、今回ラインアップに追加したワイドテーブルタイプは、DRシリーズで最も許容モーメントが高い製品となる。精密ボールねじの採用により高精度な位置…


オリエンタルモーター「2相ステッピングモーター」ラインアップ拡充

オリエンタルモーター(東京都台東区)は、2相ステッピングモーターPKPシリーズの薄型タイプハーモニックギヤ付取付角寸法61ミリをリニューアルし、標準タイプ取付角寸法50ミリをラインアップに追加した。 2相ステッピングモーターPKPシリーズは、最適なモーターを選択できるよう豊富なラインアップをそろえている。今回リニューアルした製品は、薄型ギヤと薄型モーターとの組み合わせにより、取り付け面からの厚さ32ミリ、質量0.54キロを実現し、狭いスペースにも取り付けが可能。 回転部に直接負荷を取り付け、モーターL寸方向を省スペース化。カップリングなどの機構部品がなく、機構設計、部品手配、組み付け調整にかか…


オリエンタルモーター、2相ステッピングモーターPKPシリーズ 新型コネクタ採用の高分解能タイプ新発売

オリエンタルモーター(東京都台東区)は、新型コネクタを採用した2相ステッピングモーターPKPシリーズの高分解能タイプと、高分解能タイプ エンコーダ付を発売しました。 ▲高分解能タイプ(左)、高分解能タイプ エンコーダ付(右)   【概要】 高トルクで低振動を実現する2相ステッピングモーターPKPシリーズは、お客様の設計仕様に最適なモーターを選択いただけるよう、豊富なラインアップをご用意しています。 今回は新型コネクタを採用した、高分解能タイプ取付角寸法42mmと、高分解能タイプ エンコーダ付取付角寸法42mm/56.4mmを発売します。小型・薄型コネクタの採用により、省ペース化や設計…


オリエンタルモーター ブラシレスモーター、リニューアル

オリエンタルモーター(東京都台東区)は、広い速度域で、指令に正確な速度制御を実現するブラシレスモーター「BLHシリーズ」の15W、30W、50Wドライバをリニューアルし、新たにデジタル設定タイプのドライバを8月20日に発売した。 リニューアルした製品は、アナログ設定のドライバの形状や使い方はそのままにし、トルク特性、静音特性などを向上。トルク特性の向上により、立ち上がり時間の短縮が可能となり、高速域で大きなトルクを必要とする用途に適している。瞬時最大トルクは従来と比べて、定格トルクの1.25倍から1.5倍に向上。また、トルクリップルが少なく、低速域でもなめらかで安定した回転が可能となり、モータ…


オリエンタルモーター、ブラシレスモーター BLHシリーズのドライバをリニューアル

オリエンタルモーター(東京都台東区) は、ブラシレスモーター BLHシリーズの15W、30W、50Wドライバをリニューアルします。また、新たにデジタル設定タイプのドライバをラインアップしました。 ▲BLHシリーズ(デジタル設定タイプ)   【概要】 広い速度域で、指令に正確な速度制御を実現するブラシレスモーターのBLHシリーズは、小型・軽量な基板型ドライバを採用し、装置のダウンサイジングに貢献します。今回、このBLHシリーズの、15W、30W、50Wのアナログ設定タイプのドライバを、形状や使い方はそのままにリニューアルし、トルク特…


オリエンタルモーター 新電動シリンダ発売 ボールねじ一体化実現

オリエンタルモーター(東京都台東区)は、ボールねじをステッピングモーターに組み込んだ直動機構のアクチュエータ「DRシリーズ」を6月20日から発売した。販売目標は3年後シリーズ全体で月1000台。 新製品は、取付角寸法28ミリメートルのコンパクト電動シリンダ。中空ローターとボールねじのナットを一体化することで連結部品を不要としている。また、カップリング剛性など、部品の組み合わせによるバックラッシの影響を抑えることができ、精度の高い位置決めを実現する。 機構はテーブルタイプとロッドタイプを用意。テーブルタイプはシリンダに負荷を固定できるガイドを付けた製品で、負荷の直接取り付けが可能。ロッドタイプは…