オプテックス・エフエー の検索結果

オプテックス・エフエー「現場川柳」大賞決定、「『社長来る!』 情報速度は 5G」

オプテックス・エフエーは、2020年10月から12月にかけて募集した「第七回現場川柳」の受賞作品を発表した。 現場川柳は、同社が定めた「センサ(10月3日)の日」を記念し、ものづくりに関わる製造・開発設計・物流・営業などの「現場」にまつわる川柳を募集する企画。第七回は、製造業にも普及が期待されている5Gを使い、社内の口コミの速さを表現した「『社長来る!』 情報速度は 5G」が大賞を受賞した。 各受賞作品には、コロナ禍におけるものづくり現場を表現した「3密に なるほどいない 社員数」や「匠から オタクに変わる 巣ごもり中」、またブームとなったワークマンやキャンプに絡めた「ワークマン お洒落になっ…


オプテックス・エフエー「第七回 現場川柳」大賞決定! 優秀賞など15作品を発表

産業用センサメーカーのオプテックス・エフエー(京都市下京区)は、2020年10月から12月にかけて募集した『第七回 現場川柳』の受賞作品を発表した。 「現場川柳」とは、同社が定め日本記念日協会の認定を受けた「センサ(10月3日)の日」を記念し、ものづくりに関わる製造・開発設計・物流・営業などの“現場”にまつわる川柳を募集する企画。 第七回となる今回は、応募総数9113作品の中から、製造業にも普及が期待されている「5G」(第5世代移動通信システム)を使って、社内の口コミの速さを表現した「 『社長来る!』 情報速度は 5G 」が大賞を受賞した。優秀賞や入賞作品には、コロナ禍におけるものづくり現場や…


【各社トップが語る2021】オプテックス・エフエー「新製品ラッシュで売上拡大」中島達也 代表取締役社長

オプテックス・エフエー 中島達也 代表取締役社長   2020年12月期の業績はコロナ禍の中で増収増益は確保でき、健闘したと思っている。国内は厳しいなかで、食品業界と5G関連向けが支えて前年比5%減に踏みとどまり、海外は中国が20%増、アメリカも10%増と海外市場が好調だった。とくに中国は4月から急回復し、OEM製品も順調で大きく貢献した。 コロナ状況下で、営業は在宅勤務にし、商談もオンラインに切り替え、夏前にはウェビナーにも注力した。オンライン営業は時間節約ができ、遠方でも1日に何件もアポが取れる。さらに営業と技術が手軽に同行できることがメリットになっている。交通費や車両費、広告費…


【寄稿】オプテックス・エフエー、業界初16チャンネル・NPN対応IO-Linkマスタ開発について

オプテックス・エフエー株式会社 センサ営業部 センサレベルでのデータ活用を通じて、生産現場のIoT化を実現するIO-Link通信。ここでは、あらためてIO-Link通信の概要とメリット、機器の役割を紹介しながら、FAセンサメーカーの立場で現状の課題を解決すべく開発したIO-LinkマスタURシリーズを紹介したい。   IO-Linkとは IO-Linkは、センサやアクチュエータをデジタル信号で上位のネットワークに接続する産業用インタフェース規格(IEC 61131-9)である。これまでは一つひとつ手作業で管理していたセンサやアクチュエータの情報を、上位の管理者に提供することで、生産現…


オプテックス・エフエー 食品業界向け印字検査用画像センサ、業界初 ネットワーク対応

オプテックス・エフエーは、食品業界向けの印字検査用画像センサ「GVS-OCR」を10月21日に発売した。 現在、食品業界では賞味期限表示を「年月」までに簡略化する動きや、トレーサビリティ対策として日付や時刻、ライン番号などの製造番号を暗号化して印字するケースが増えている。 新製品は、食品包装上に印字された消費期限やロット番号、製造固有記号などを、包装機械や製造ライン上で検査できる文字認識カメラ。暗号化された製造情報も、内部のカレンダ機能と連動して印字検査を行うことができる。 Ethernet通信機能の搭載により上位クライアントへ検査画像を送信でき、情報の一元管理にも対応。また、印字検査用画像セ…


オプテックス・エフエー 高機能IO-Linkマスタ「UR-MS16DT」

CC-Link IE Fied/TSN対応 オプテックス・エフエーは、CC-Link IE FieldとCC-Link IE TSNに対応した高機能IO-Linkマスタ「UR-MS16DT」を発売する。 当機は、業界初となるNPN/PNP入出力のデバイス機器を当機上で混在して接続が行え、チャンネルごとにIO-Link/NPN入出力/PNP入出力を自由に割り付け可能。IO-Link最小サイクルタイムは、業界最速の0.3msと高速応答を実現した。 さらに、業界初となるFPGAによるIO-Link通信処理により、業界最多16チャンネルを実現し、当機一台あたり16台のデバイス機器との接続が行え、クラス…


オプテックス・エフエー 16チャンネル搭載の高機能IO-Linkマスタ

対応センサ3種も同時発売 オプテックス・エフエー(京都市下京区)は、CC-Link IE FieldとCC-Link IE TSNに対応した高機能IO-Linkマスタ「UR-MS16DT」を11月中旬に発売する。 新製品は、NPN/PNP入出力のデバイス機器を、同製品上で混在して接続が可能。チャンネルごとに、入力/出力/NPN/PNP/IO-Linkを自由に割り付けることができる。 また、FPGAによるIO-Link通信処理によって業界最多となる16チャンネルを実現。1台で16台のデバイス機器と接続でき、コストとスペースの削減が可能となる。 IO-Link最小サイクルタイムは、0.3ミリ秒と高…


オプテックス・エフエー「第七回現場川柳」募集開始、ものづくりに元気と笑いを!

オプテックス・エフエーは、10月1日から「第七回現場川柳」の作品募集を開始した。12月13日まで募集を行う。 「現場川柳」は、同社が定めた「センサの日(10月3日)」を記念して、ものづくりに関わる製造・開発設計・物流・営業など、あらゆる「現場」にまつわる川柳を募集する企画。 第6回となる2019年の開催時には9946作品が集まり、製造現場の高齢化や人手不足を詠う技術者目線の作品が多い中、話題となった老後2000万円問題への嘆きを現場流に表現した「作業服 脱げぬ老後の 二千万」が大賞を受賞した。 今回は「コロナに負けるな!ものづくりに元気と笑いを」をテーマにコロナ禍にあっても国内製造業の活力と笑…


オプテックス・エフエー『第七回現場川柳』募集開始、ものづくりに元気と笑いを!

産業用センサメーカーのオプテックス・エフエーは、第七回となる「現場川柳」を10月1日(木)から12月13日(日)まで募集する。 「現場川柳」とは、オプテックス・エフエーが定めた「センサの日(10月3日)※」を記念して、ものづくりに関わる製造・開発設計・物流・営業などのあらゆる“現場”にまつわる川柳を募集する企画。 昨年の『第六回現場川柳』では、応募総数9,946作品の中から「作業服 脱げぬ老後の 二千万」(らくちゃんさん)が大賞を受賞した。 今回は「コロナに負けるな! ものづくりに元気と笑いを」をテーマとして、このコロナ禍のなかでも、国内製造業に活力と笑顔を届けられる川柳企画を目指すとしている…


オプテックス・エフエー「センサの日フォーラム2020」10月6日〜16日 オンラインで開催

オプテックス・エフエー(京都市下京区)は10月6日〜16日、Webセミナーを中心としたオンラインイベント「センサの日フォーラム2020」を開催する。 同イベントは、同社が定めた「センサの日」を記念して、参加費無料の製造業向けWebセミナーを7講座用意。イベントに併せて、オンライン相談会も実施する。 セミナー内容は、金属薄板の検知や高温金属の温度測定など、センサや温度計に関する最新の課題解決事例を紹介する「即実践!センサ・温度計で工程改善セミナー」、製造現場で導入が進むIO-Link通信の基礎解説やメリット、対応製品などを紹介する「IO-Linkデバイス導入のメリット(基礎編)」、検査用照明につ…