Search Results for アドバンテック

アドバンテック マクニカクラビスと提携拡大

アドバンテック(東京都台東区)は、マクニカクラビスカンパニー(横浜市港北区)が国内で販売する同社の産業用コンピュータ製品を拡大し、組み込み用SoCボード(DSPボードおよびARM SoCボード)に加え、x86組み込みボードコンピュータおよびファンレスコンピュータ、また、ビデオ・ソリューション製品を新たに販売する。 マイク小池社長は「当社の主力製品である組み込み製品をお客さまにお使いいただくためには、高い技術サポート力が要求される。当社の持つ多彩な製品群とマクニカクラビスカンパニーの強力な技術サポートにより、お客さまがタイムリーに製品開発を行うことができるデザイン・サービスを提供する」と述べてい…


アドバンテックと日本ラッド 日本初のWISE-PaaS/IIoTのアライアンスを実現

アドバンテック(東京都台東区)と日本ラッド(東京都港区)は、インダストリアルIoT(IIoT)分野におけるソリューションの販売で協業する。同協業はアドバンテックが推進するWISE PaaS/IIoTのアライアンス上での日本初となる提携に基づいており、インダストリ4.0に対応するスマートファクトリーにフォーカスしたソリューションを提供する。 アドバンテックは最新のHTML5テクノロジーに対応したSCADAソフトウェア「WebAccess」や産業用PC「TPC/UNOシリーズ」、インテリジェント制御PC「APAX」、ネットワーク機器「EKIシリーズ」、IoTデバイス「WISE、ADAMシリーズ」を…


アドバンテック 技術ワークショップ開催

アドバンテック(東京都台東区)は、「Taking a Leap into Connected Equipment(接続機器への飛躍-センサーと接続からクラウドへ)」をスローガンとした技術ワークショップイベント「iSensing&iConnectivity Roadshow」を、6月29日に東京で開催。100人超が参加した。 イベントではインダストリー4.0を実現する機器のネットワーク機能について、各階層における主要技術に焦点を当てた内容を中心に、講演・解説が行われた。 設備の接続機能に関しては、エッジからクラウドに至るまで、すべての情報を統合するWISE-PaaSプラットフォームとWebAcc…


アドバンテック 日経「Asia300」情報機器分野 2年連続No.1を達成

アドバンテック(本社:台湾台北市)が、日本経済新聞社が選ぶアジアの主要上場企業ランキング「Asia300」2017年版における情報機器分野で、2年連続1位を達成した。全体順位では36位にランクインし、前年より15位のランクアップとなった。   同新聞社が15年から発表しているアジアの有力企業ランキング「Asia300」は、中国、香港、韓国、台湾、シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア、フィリピン、ベトナム、インドの上場企業が対象で、国・地域ごとの企業の時価総額、および成長性や知名度などを考慮して選抜されている。   同社のマイク小池社長兼日本地区最高責任者は、今回の評価を受けて、「このよ…


アドバンテック 地方創生イベント開催 IoT活用推進、140人が参加

アドバンテックは、6月21日にパシフィコ横浜会議センターで、地方のIoT活用を推進するための普及イベント「Advantech IoT47 in 横浜」を開催。県内企業や行政をはじめ、約140人が参加した。 はじめに山下正人横浜市会議員と横浜市経済局ものづくり支援課課長中村氏が登壇し、横浜市のIoTの取り組みを紹介。ついで具体的なIoTのアプリケーション事例として、日本マイクロソフトが工場におけるIoTの活用事例を、ネットワークコーポレーションがビルディングオートメーション分野の事例を紹介した。 また、IoTを支える技術について、京セラコミュニケーションシステムが、LPWAソリューション「Sig…


アドバンテック 次世代IoTに注力 Linux・Android推進も

アドバンテックは「アドバンテック テクノロジーリーダーシップ プレスカンファレンス ~アドバンテックが狙う次世代のIoT戦略~」を開催。同社の次世代IoT戦略について紹介した。 ケーシー・リウCEOは、「マッキンゼーによると、 スマートファクトリーやインダストリー4.0の分野は2兆米ドルの規模があり、次いでスマートシティ/ヘルスケア、インテリジェントリテール、ロジスティクス、電力の順で大きなIoT市場が展開されており、当社もこれらの分野に注力する。インターネットとパソコンによる第1の波、Googleなど巨大IT企業の第2の波に続き、第3の波が2016年から始まっている。あらゆるモノがインターネ…


アドバンテック IoTに必要なハード・ソフト ワンパッケージで提供

アドバンテック(東京都台東区)は、IoTの新プラットフォーム「エッジインテリジェンスサーバ EISシリーズ」を発表した。 同プラットフォームは、エッジコンピュータにWISE-PaaSソフトウエアパッケージ、IoT開発ツール、事前設定されたクラウドサービスを統合したエッジソリューション。デバイス管理機能、集中型セキュリティ管理機能、インタラクティブ・マルチメディア・コンテンツ・エディタ機能、SCADA(監視制御およびデータ取得)機能、HMI機能など、WISE-PaaSマーケットプレイスで提供されるソフトウエアモジュールを購入し、エッジコンピュータに追加することで、容易にIoTを実装できる。 また…


アドバンテック e-F@ctory加盟

アドバンテックは、三菱電機の「e-F@ctory Alliance(イー・ファクトリー・アライアンス)」に加盟した。4月23日、三菱電機名古屋製作所で調印式が行われ、同社からはチェイニー・ホー・プレジデントが、三菱電機名古屋製作所からは執行役員の小山健一所長が出席した。同社は三菱電機との連携などを通して、新たなソリューション・サービスを生み出す方向で検討を開始しており、また、今回のアライアンスを組むことで、製造業における各企業のIoT活用加速にも寄与できるとしている。


アドバンテック 大阪で4月21日 フォーラム開催

アドバンテック(東京都台東区、マイク小池社長兼日本地区最高責任者)は4月21日、大阪市北区のグランフロント大阪ナレッジシアター大阪駅前で「アドバンテック インダストリー4.0フォーラム」を開催する。 第4次産業革命の実現に向けたステップや日本市場におけるビジョンと取り組みなどをテーマに行う。当日は同社のチェイニー・ホープレジデントが来日し、IoTとファクトリーオートメーションのトレンドと同社の取り組みに関する講演を実施。また、経済産業省製造産業局の徳増信二参事官が「第4次産業革命に向けた製造業の課題と政府の取り組み」について語るほか、三菱電機、マイクロソフト、インテルなどが登壇する。 フォーラ…


IOTスマートファクトリー  アドバンテックとNWC Azureベースの ソリューション提供

FA、BA分野のビジネス開発強化 産業用コンピュータの分野で世界トップメーカーのアドバンテックと、ネットワーク・コーポレーション(横浜市都筑区、馬越伸太郎代表取締役、NWC)は、Microsoft Azureを使用したクラウドベースのソリューション提供について協業。ファクトリーオートメーション(FA)とビルオートメーション(BA)などオートメーション分野のクラウドソリューションの普及を強化する。 両社は、15年から「WebAccess+IoTソリューションアライアンス」を締結し、ビルディングオートメーションをはじめ、スマートファクトリーやスマート農業などのアプリケーションにフォーカスしたソリュ…