Search Results for ねじ

研究開発現場 マネジメントの羅針盤 忘れがちな正論を語ってみる(4)

◇マネジャーは人材育成を意識すべき 今回も、受注型の開発部門や事業部から依頼テーマを請けて研究をしている研究所などで見られるマネジメントの問題を取り上げてみます。 マネジャーが気にしていることは何か 仕事を外部から請けて仕事をする構図の職場は、どうしても構造的に仕事量の増減が生じるものです。高負荷状態を長く放置してはいけないことは前回も述べましたが、もちろん仕事が少ないことも問題です。受託テーマの量が少なすぎることはそのまま業績悪化を意味します。また、仕事の質が悪いと、品質問題、コスト超過問題、納期遅延問題などを引き起こします。 したがって、マネジャーは仕事の成果や業績を自ずと気にするものです…


研究開発現場 マネジメントの羅針盤 忘れがちな正論を語ってみる(3)

◇現場の能力を向上させる責任は現場にある 前回は、現場を高負荷状態にしてはいけないという主張をしました。もちろん、私自身コンサルティングの場でもそのような進言をしています。実際に「現場の業務量を適正に保とう。忙しすぎないようにしよう」と提案すると、「それでは現場を甘やかすことになるのでは…」という反論・懸念に出会うことがあります。今回はこのようなケースについて、誤解のないように少し補足をしたいと思います。もちろん、私の主張の趣旨は現場を甘やかすために、業務量の適正化を図ろうとすることではありません。過保護にするところに本意はありません。 現場のゆとりを成長につなげる 現場を忙しくしすぎないよう…


研究開発現場 マネジメントの羅針盤 忘れがちな正論を語ってみる(2)

現場の高負荷状態を放置してはならない 受注型の開発部門でよく見られる現象を今回は取り上げて考えてみます。ただ、この現象は必ずしも受注型開発だけでなく、自主的にテーマを決めることができるはずのコーポレートラボでも時々見られる事象だったりしますので、ぜひ一読いただければと思います。 「忙しいけど がんばろう!」は 問題の先送り 受注型の開発部門では、どうしてもお客さまからの受注量が一定しないものです。仕事に繁閑が生じます。仕事が少なすぎること(手が余ってしまう)も問題ですし、仕事が多すぎること(手が足りない)も問題です。仕事が少なければ必然的に受注活動(営業)に努めるものですので、マネジメント的に…


フエニックス・コンタクト メートルねじ式丸型コネクタ 電源/信号/通信を一体化

ヨーロッパ市場におけるサーボモータの電源、および各種モータからの信号線接続に使用されるコネクタは、エンドユーザーからメートルねじ式の丸型コネクタが求められる。フエニックス・コンタクトは、この要求に合致した各種タイプのサーボモータに適合したメートルねじ式丸型コネクタを各種ラインアップしている。 また、電源/信号/通信を一つのコネクタ内で接続することで、省配線化を図ることができる次世代サーボモータに対応する第1ステップとして、M23サイズのハイブリッドコネクタを2015年に、16年にはM40サイズのハイブリッドコネクタ、そして17年は新たに電源用M12コネクタ(K/L/Mコード、16A)の販売を開…


研究開発現場 マネジメントの羅針盤 忘れがちな正論を語ってみる(1)

R&D組織のマネジャーの姿勢が「現場の実態」にあらわれる 私はJMAC入社以来23年、R&D(研究・開発)およびE(エンジニアリング)部門の現場でコンサルティング業務に携わってきました。多くの業界でさまざまなR&Dの現場をみてきました。本当に心から尊敬できる経営者・マネジャー、良きリーダーシップを発揮されている人の姿勢や行動をみることができました。いろいろな会社に行くことができるコンサルタントという職業の特権のように思います。ありがたいことです。良きマネジメントに触れることができた一方で、良くないマネジメントも目にしてきました。現場の活力が感じられない(元気がない)、一人ひとりが成長している実…


ナ・デックス“日本品質”供給 インドネシア拠点稼働

ナ・デックス(高田寿之社長)は、インドネシアの生産子会社「ナデスコ・エンジニアリング・インドネシア」(NEI、代表取締役社長=本田信之ナ・デックス取締役、資本金3000万円)が2月21日から本格稼働した。 NEIは、品質・納期面で良質な生産設備を現地で調達したいというニーズに、「日本品質を海外でも!」のプロジェクトを具現化するのが目的。 すでに活動しているナ・デックスの現地販売子会社「ナデスコ・インドネシア」からの部品・部材も調達も可能なことから、商社機能とメーカー機能のシナジー効果によるトータルな対応が可能になる。 工場敷地面積は513平方メートル(事務所146平方メートル、工場面積310平…


フエニックス・コンタクト BT端子台シリーズ ねじとプッシュインを兼用

フエニックス・コンタクトは、従来の丸形/Y形端子用端子台の使いやすさをさらに進化させる新たな独自機能をプラスしたBT端子台シリーズの販売を推進している。 同製品は、コストダウン、機能性向上、プッシュイン式端子台への架け橋といったテーマで各種特長を盛り込んだもの。 フィンガーセーフ構造は端子カバーが不要で、カバーの費用、加工コストを削減でき、FBSブリッジバーシステムは、挿し込むだけで隣接端子台を導通させることができるため作業効率がアップ。端子台のスプリング構造によりねじの脱落を防止し、締め付け時の作業もしやすい。ねじがオープンの状態でもUL600Ⅴ規格に適合できる。 ねじ式とプッシュイン式のハ…


フエニックス・コンタクト BT端子台シリーズ ねじとスプリングを兼用

フエニックス・コンタクトが拡販を推進しているプッシュイン式接続方式端子台「PTシリーズ」は工作機械業界でも好評を得ているが、このほど従来の丸形/Y形端子用端子台を進化させた「BT端子台シリーズ」を発売した。  「コストダウンとプッシュイン式端子台への架け橋」などをテーマに掲げた製品で、特徴は①「フィンガーセーフ構造」で端子カバー不要。カバーの費用や加工コストを削減②「FBSブリッジバーシステム」挿し込むだけで隣接端子台を導通させて作業効率がアップ③「端子台のスプリング構造」ねじの脱落を防止、締め付け時の作業も容易④ねじがオープンの状態でもUL600Ⅴ規格に適合⑤「ねじ式とプッシュイン式のハイブ…


フエニックス・コンタクト BT端子台シリーズを開発 ねじとスプリングで脱落防止

プッシュイン式接続方式を推進するフエニックス・コンタクトは、従来の丸形/Y形端子用端子台を進化させたBT端子台シリーズを開発した。 コストダウンとプッシュイン式端子台への架け橋などのテーマを掲げた製品。 特長は(1)「フィンガーセーフ構造」で端子カバー不要。カバーの費用や加工コストを削減(2)「FBSブリッジバーシステム」挿し込むだけで隣接端子台を導通させて作業効率がアップ(3)「端子台のスプリング構造」ねじの脱落を防止、締め付け時の作業も容易(4)ねじがオープンの状態でもUL600V規格に適合(5)「ねじ式とプッシュイン式のハイブリッド端子台」もラインアップ。工場とフィールドでの接続方式の違…


IoT時代の製造業ITソリューション(5)~マネジメントツールとの合流、PLMへ~

マネジメントツールでも1970年代に大きな進展があった。MRP(Material Re quirements Planning=資材所要量計画)が登場し、生産計画や発注量計算などの業務効率化が志向されるようになってきた。在庫管理や部品表などのデータベース群も同時期に整備されるようになり、製造業は各所でITツールを活用しはじめていた。 MRPはBOM(Bill of Materials)に発展した。BOMは、現在の組立型製造業において、もっとも重要で、かつ、最大のシステムとなっている。自動車を例にとると、1台につき3万点から5万点もの部品があり、さらに仕向け地ごとに使用する部品が変更される。その…