Check !!

世界の先進的な工場 Lighthouse 2022年は36工場を追加 全132工場に 日本からはP&G高崎工場が選出

世界経済フォーラムは、世界の先進的な工場「Lighthouse」について、2022年は新たに36工場を追加した。日本からはP&G高崎工場(群馬県高崎市)が選出され、日本にあるLighthouseとしては3件目となる。

Lighthouseとは、第4次産業革命をリードする先進的な工場を指定してDXの推進を支援する目的のもと、世界経済フォーラムが2018年からスタートしたもので、毎年世界中の工場が選ばれている。Lighthouseには灯台、指針となってベストプラクティスを内外に広く共有し、製造業での先進技術の導入と活用を加速させていくためのリーダーシップが期待されており、Lighthouse同士のコミュニティでも活発な議論が行われている。
2023年1月時点で、世界で30カ国以上で132のLighthouseがあり、地域別分布では、中国が34%と最も多く、続いてEMEA(ヨーロッパ・中東・アフリカ)が32%、APAC(アジア太平洋圏)が22%、アメリカが8%、LATAM(中南米)が4%となっている。産業別では、58%が半導体など先進産業、16%が医薬品産業、14%が消費財、12%がプロセス産業となっている。

日本では3件目の選出

2022年には36件のLighthouseが選ばれ、このうち7件が生産性と持続可能性の両方を満たすSustainability Lighthouseに選出された。
日本に関連するところでは、群馬県高崎市にあるP&G高崎工場が、国内では日立製作所大みか工場(茨城県日立市)とGEヘルスケア日野工場(東京都日野市)に続く3件目、消費財メーカーとしては日本で初めてLighthouseに選ばれた。
同工場では、国内で消費される衣料用洗剤「アリエール」や「ボールド」、柔軟剤「レノア」、台所用洗剤「ジョイ」、エアケア製品「ファブリーズ」などを製造している。日本市場は品質の要求レベルが高く、世界中にある同社工場のなかでもトップクラスの製造技術と品質管理能力を有している。
製品開発から販売までのバリューチェーン全体で、デジタルツイン、データコネクティビティ、AI、機械学習など先進のデジタル・テクノロジーを活用し、製品開発期間や試作のための操業停止日数の短縮化、流通業パートナーの発注利便性の向上、生産能力の向上を実現していることなどが評価された。

Lighthouseになるためには?

Lighthouseになるには、Webから自己評価を記入し審査を受け、プロジェクトチームの実地検査を受け、さらに専門家による最終評価を受ける必要がある。2023年のスケジュールは、4月までに自己評価をWebで送信し、11月に最終審査を受け、24年1月に公式発表となる。選ばれるには、生産性や持続可能性、社会・環境への対応、人材育成、働き方なども評価項目に入っているとされる。

https://jp.pg.com/

https://www.hitachi.co.jp/

https://www.gehealthcare.co.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています

FA自動化・製造業市況の最新記事8件

>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG