Check !!

【セミコンジャパン2022 FA企業ブース紹介】シーメンス(ブース3729)

「エッジ・AI活用で半導体製造をもっとスマートに」をスローガンに、国内の半導体製造装置メーカーにおいて、数多く採用されている産業用パソコンとその電源、注目のSiemens Industrial Edge、リアルタイムPC制御を行うソフトウェアPLC、SEMI安全規格に対応するために必要な安全PLC、高いセキュリティーを確保するためのネットワーク製品群などを展示する。
Siemens Industrial Edgeは、生産機械と製造現場のための、柔軟なエッジ ソリューションで、 IoT・アプリ等の様々な技術を製造現場に落とし込み、クラウドをほとんど使わずに、オンプレミスでデータ蓄積、解析、アウトプットなどをほぼ遅延無しで実行できる。
産業用パソコンは、PCベースのオートメーションに対応する柔軟性の高い汎用的なソリューションで、特に BOX PCは、超小型、エッジコンピューティングゲートウェイに適している。 また24Vなどの出力電圧に対応した電源装置SITOPは世界で採用されている。
PLCでは、リアルタイムPC制御を行うソフトウェアPLCや、SEMI安全規格に対応するために必要な安全PLCなど半導体製造にお役に立つPLCを揃えている。
生産およびMES/ERPレベルからクラウドソリューションまでのデータを垂直統合するSIMATIC SCADAシステムは、現在の課題だけでなく将来的な課題にも対応できるソリューションを提供する。

https://new.siemens.com/jp/ja/products/automation/topic-areas/newscentre/semicon-japan-2022.html

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG