Check !!

ABB、リーチ370mmで1.5kg可搬の小型産業用ロボット「IRB1010」発売

ABBは、リーチ370mmの小型ながら可搬重量1.5kgある小型産業用ロボット「IRB1010」を発売した。
同製品は、リーチは370mm、設置スペースは135×250mmの省スペースで、狭いスペースや専用機に適合するように設計された小型産業用ロボット。現行の小型ロボットよりも30%小型化されている。可搬重量は1.5kgあり、同クラスの小型ロボットに比べて3倍の重量を持ち上げることができ、大径のエアホースと組み合わせることで、複数の処理を同時に行うことができ、1時間あたりにより多くのオブジェクトを対応できるようになる。フィルム剥離、マテハン、組立、接着、検査などロボットの新しいアプリケーションを開拓も期待できる。
またロボットコントローラの「OmniCore E10コントローラ」は、0.01mmの位置繰り返し精度を実現。スリムな設計により、生産セルサイズを最小化したいアプリケーションでの小部品の組み立てに適している。デジタル接続機能を内蔵し、1000以上の機能を追加することで容易に拡張でき、生産品種や生産数が変化する要件にも柔軟に対応することが可能となっている。

https://new.abb.com/news/ja/detail/95706/prsrl-abb-unveils-smallest-industrial-robot-with-class-leading-payload-and-accuracy

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG