Check !!

FA・配電制御業界を助けるEV急速充電器 業界上げて整備促進を

私事で恐縮だが、車を買い替えた。以前と同様、今回もガソリン車だが、検討時にはEVに切り替えることも頭をよぎった。しかし我が家は賃貸住宅。充電ステーションが近所にあるか、給油に比べてどれだけ手間がかからず充電できるのか、不明点が多すぎるため選択肢から外した。ガソリン車と違う乗り味や環境性能は魅力的ではあるが、現段階では日常使いにはハードルが高すぎる。
鶏が先か、卵が先か。車両が先か、インフラが先か。EV普及を拡大させるにはどっちに力を入れた方が良いのだろうか。近い将来にはガソリン車からEV中心になっていくのは皆が分かっていること。誰もが必ずどこかのタイミングでEVを選ぶことになる。しかし今、私も含め多くの人が選んでいるのはガソリン車。それはなぜか?やはり充電に対する不安と懸念が大きい。極端かもしれないが、いくら燃費が良くても充電できる場所が限られていれば、常にガス欠電欠の不安を抱えながらのドライブになる。また、EV急速充電器を探すのも面倒で、そこに向かうまでに余計に長い距離を走ることになり、結局は相殺されて意味がない。EVといってもほとんどの人にとっては日常使いの道具。使いにくいもの、面倒なものには切り替えないのは当然だ。やはり大切なのは、不安やストレスなくクルマを使えるようにすることだ。
EV普及には購入時に対する補助金も良いが、もっと大事なのがインフラであるEV急速充電器設置に対する補助金の拡大。今はそこを手厚くすることだ。EVが快適に使える環境がなければ、EVを買う、乗る人は増えていかない。EVに乗っていることをステータスにするためにも、もっと補助を出してインフラを整え、ガソリン車ユーザーを羨ましがらせなければならない。それが結果としてEV販売促進と普及につながり、さらには配電制御機器を取り扱うFA業界を元気にしてくれるのだ。

https://products.kanaden.co.jp/labo/EV/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG