プラットフォーム時代の終焉 強い専門性とつながりが活きる時代に

なんでも揃うデパート・百貨店は、昭和の象徴だった。食品から衣服、電化製品、さらにはレストランや遊園地ゲームセンターといった娯楽施設まで一つの施設内にあり、ひとつで完結していた。しかしいまのショッピングセンターを見ると、専門店のテナントが中心。専門的なテナントが集まることで製品やサービスを相互に補完しあっている。1社ですべてを賄おうとするのは小回りがききにくく柔軟性に欠ける。人の趣味嗜好は時間と共に変化していくことを前提とすれば、後者の方がリスクは少なく、成功確率は高くなるのは必然だ。

これは大規模小売店には限らない。あらゆるものでそうした流れになりつつある。ITサービスもそうだ。昔は自社にサーバーを立て、そこに大規模な基幹ソフトを組み込んで使っていた。それが今やクラウドをベースとし、個別のサービスとして提供されるSaaSをいくつも契約し、それをつなげて全体のシステムとするケースが増えている。王道である総務経理や人事、営業、マーケティングなど各業務にSaaSがあり、さらにはそれを細分化または深化させたニッチなSaaSもたくさん出てきている。

自社ですべての機能や役割を賄い、囲い込むプラットフォーム戦略には限界があり、もうそんな時代ではない。小さな「個」が集まり、それぞれの個性を活かしながら「全」となる。それが主流だ。その意味では、企業が生き残るには、他に負けない個、専門性や誰にも負けないニッチ分野を持つ必要がある。と同時に、その個性を活かしながらまわりとつながり、機能していくことも重要だ。どんなに強い個性であっても、孤立して機能するだけでは効果は限定的にならざるを得ない。それよりも全体を活かすため、つながって機能を発揮するものが重宝される。自社の強みはどこか、その上でまわりを活かすにはどうすべきか。それがこれからのビジネスの鍵を握っている。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG