JEITAグローバルセンサ出荷数量・金額調査 2021年実績352億6814万個・1兆9291億円 デジタル化進展にともない拡大 成長率では産業用がトップに

見える化も予知保全もデータ活用も、すべてリアルな現場からデータを集めるセンサがあってこそ成立する。デジタル化・DXの進展にともないセンサの出荷数量・金額は年々増加しており、電子情報技術産業協会(JEITA)の「センサ・グローバル状況調査」によると、2021年にはグローバルの出荷数量は352億6815万個(前年比11%増)、金額も1兆9291億8100万円(5%増)となった。

センサ種別で最も出荷数量が多かったのが温度センサで、241億2978万3000個で前年比9%の増加。出荷数量の構成比率で7割弱を占めた。2番目は光度センサの48億6243万7000個(22%増)、3番目は磁界センサの47億828万2000個(11%増)と続いた。このほか位置センサ、圧力センサ、化学センサ、音・超音波センサも10%以上の成長率で拡大している。

金額では、光度センサが1兆3332億6800万円(2%増)で、出荷金額の7割を占めた。2番目は圧力センサで1386億2500万円(14%増)、3番目は温度センサで1206億4500万円(18%増)となった。

需要部門別では、数量・金額ともに通信機器・スマートフォン用が圧倒的に多いが、FAやPA、BAをはじめ、ロボットやドローン、監視・セキュリティ、自動認識、インフラ、環境計測などの産業用途の伸び率は目覚ましく、数量では他の産業を抑えてトップの成長率となる29%増の14億7411万2000個、金額でも19%増の2389億200万円となった。このほか自動車・交通用も拡大し、数量は25%増の18億3877万2000個、金額も15%増の3013億3000万円となった。

仕向地別では、数量・⾦額ともに構成比では中国が最も多く(数量54%、⾦額34%)、数量はAPAC向けが23%、日本向けが14%となった。⾦額はアメリカ向けが27%、日本向け20%となった。
同調査は、JEITA会員内外のセンサ企業に対してグローバル出荷(日本向け出荷+海外向け出荷)を調査したもので73社からの回答をもとにまとめている。

https://www.jeita.or.jp/japanese/stat/sensor/pdf/220908.pdf

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG