日東工業、デジタルデータ利活用の推進に向けDX統括部を新設

日東工業は、2022年4月1日付で「DX統括部」を新設し、同部門を中心にDXを推進していく。
DX統括部は、デジタル技術を活用して経営、生産、販売につながるシステム構築やICTインフラを整備し、サイバーセキュリティを強化することを目指して新設。各部門のシステム課を統括する情報システム部がDX統括部のもとに独立し、「攻め」と「守り」を両立した新たなシステム構築を進める。また合わせて情報システム部とは別に「ICTインフラ戦略室」を新設し、グループ全体のシステム安定稼働を進める。
同社はDX戦略として、デジタル技術を活用して顧客接点を拡大すること、DXによる独自の生産システムを構築して安全・安心な高品質の製品・サービスを提供していくこと、2024年度までにグループ企業のICTインフラの統合とセキュリティレベルを統一して安全・安心なセキュリティ環境を構築すること、BCP再策定と高可用性基盤の構築で広域災害対策を強化すること、DX人財を育成して2024年度までに全従業員の10%を目指すことを掲げている。

https://www.nito.co.jp/news/uploads/2022/DX_2022.08.29_NITTO%20KOGYO.pdf

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG