FA・配電制御機器各社、価格改定を実施 10〜20%程度の値上げへ

原材料価格やエネルギー価格、物流費の高騰が止まることを知らず、世界・日本国内でも生活用品をはじめ、あらゆるものの値上げが続いている。FA・配電制御機器も例外ではなく、昨年から今年にかけて一部のメーカーで値上げの動きが出はじめていたが、6月ころから10〜20%程度の価格改定に踏み切るメーカーが増えてきた。各社の価格改定の状況をまとめた。

三菱電機は、2022年6月1日受注分から価格改定を実施。低圧遮断機、電磁開閉器、配電用変圧器、保護継電器等が20%の値上げになるほか、三相モーターで20〜30%、ギヤードモータで15%、インバーターで15%の価格上昇となる。

オムロンは、2022年9月1日から実施。センサ、スイッチ、セーフティ、リレー、コントロール、FAシステム機器、省エネ・環境対策機器、電源といった全般で価格を改定する。多くは10%〜20%の値上げになるとしている。
富士電機機器制御は、2022年1月1日受注分からいち早くスタートしている。開閉器、低圧樹配電機器、制御機器、エネルギー管理機器、盤内高圧機器で、10〜15%、一部20%の値上げとなっている。

パトライトは、2022年6月30日受注締切後の注文分から新価格を導入。回転灯・表示灯、積層信号灯をはじめ、端子台、押しボタンスイッチ等も価格改定に該当。5%〜20%程度の範囲での値上げとなる。
内外電機は、2022年7月1日注文分から価格改定を実施。標準分電盤・制御盤・警報盤で2〜10%程度の値上げ。キャビネットでも10%、プラスチックボックスでも5~15%程度の値上げを行う。
このほか、明電舎は2022年7月から主要商品全般で、大崎電気工業も2022年9月1地に受注分から販売製品全般にわたって10〜20%の値上げを実施する。キムラ電機も202年8月22日受注分から全製品を対象に10〜13%の値上げ、サンミューロンも2022年10月3日受注分から一部表示灯を除く全製品で0〜35%、マコメ研究所は2022年8月1日から全製品で10〜20%の値上げに踏み切る。サトーは2022年8月1日受注分からサプライ全商品を対象に10%〜、NKKスイッチズはECのNKKダイレクトショッピング取扱いの全商品で15%以上値上げする。コンテックも2022年7月1日受注分から全製品で8%の値上げを行う。

https://www.mitsubishielectric.co.jp/

https://www.omron.com/jp/ja/

https://www.patlite.co.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG