安川電機 リモートI/O約90種販売開始、各種通信ネットワークに対応

安川電機は、工場などでのデジタル データの取得に必要となる各種通信ネットワークに対応し、上位コントローラから独立したコンパクトなリモートI/O「SLIO I/Oシリーズ」 約90種類を7月 25 日から販売開始した。

「SLIO I/Oシリーズ」は、各種通信ネットワーク(MECHATROLINK、EtherNet/IP、PROFIBUS、EtherCATなど)に接続でき、ネットワークに接続するためのバスカプラは最大 64個のモジュールを取り付け可能で、しかもライン拡張モジュール(マスタ/スレーブ)を使用することで、 1つの配線を最大5系統に分割できることから、用途に合わせて柔軟なシステムを構築できる。

また、I/Oモジュールには、デジタル入出力(2、48、16 点)やアナログ入出力(2、4、8チャネル)モジュールがそろっている。

さらに、省スペース化を実現できるスクリューレスターミナルや階段形状配線を採用し、設置や保守点検が容易なように、組み立て時には、ねじや専用工具が不要で、設置・配線後に電子モジュールのみ交換が可能なため、迅速なメンテナンスが可能。

「SLIO I/Oシリーズ」の製品ラインアップは、電源、分配、バスカプラ、デジタル入力・出力、アナログ入力・出力、通信、カウンタ、SSI、位置決め、拡張、アクセサリーなど。

https://www.yaskawa.co.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG