THK、ロボットの関節機構に適した回転モジュール発売 ロボット内製化、独自設計を簡単・効率化

THKは、ロボットの関節機構に適したモジュール型のアクチュエータとなる回転モジュール「RMR」を受注開始した。

同製品は、剛性に優れたTHK製のクロスローラーリングを回転機構の主軸受とし、ロボットの関節部には欠かせない減速機、モータ、エンコーダ、ブレーキなどの要素を一体化したロボットの関節機構に適したアクチュエータ。剛性に優れたクロスローラーリングを回転機構の主軸受とすることで、大きなモーメントを負荷でき、中空構造で配線ケーブルやチューブ等の取り回し性も高く、構造の簡略化/省配線化が可能。

また制御ドライバは本体とは別置きにすることで本体をコンパクト化し、それぞれ独立させることで配置の自由度が向上させている。
ロボットの関節部に必要なメカ要素がすべて備わり、別途アーム部品や直動モジュールを自由自在に組合わせることで、軸数やリーチ長、可搬重量など幅広い設備に適した独自のロボット設計が簡単に行えるようになる。またモジュール化してあることで一から部品選定・設計・組立をする必要が無く、完成までの工数を削減できる。
ラインナップは#10 #30 #50 #70の4種類。
FA自動化工程に加え、物流業界や三品業界(食品・医薬品・化粧品)での活用ニーズも見込む。

https://www.thk.com/?q=jp/node/23051

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG