EIZO、高コントラスト・広視野角の15型スクエアモニター

EIZOは、15型液晶モニター「FlexScan S1504」を10月4日に発売する。価格はオープンで、同社直販サイトでの販売価格は5万4450円(税込)。

コンパクトな15型、XGA(1024×768)解像度、視認性に優れた輝度400cd/m2の液晶パネルを搭載、デジタルとアナログの2系統の映像入力端子を搭載など従来機種の良さはそのままに、TNパネルからVAパネルに変更し、コントラスト比を向上。見る角度による見えにくさを最小限に抑え、モニターを見上げたり見下ろしたりしても、表示内容をしっかり確認できるようになった。

また、Auto EcoView機能は、周囲の明るさに応じて画面の明るさを自動で調整し、目の疲れを軽減。Paperモードは、紙に似た風合いの表示に切替えができ、Auto EcoView機能との併用で、ブルーライトを大幅にカットし、疲れ目をさらに抑えることができる。スピーカーを搭載し、音声ニーズにも対応。長期5年間保証を実現している。

https://www.eizo.co.jp/press/archive/2022/NR22-011.html

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG