日東工業、ハイパースケールデータセンタ対応サーバーラック新製品

日東工業は、ハイパースケールデータセンターに対応したサーバラック「FDシリーズFDSタイプ」を発売した。

同製品は、業界最高レベルの耐震荷重を実現した堅牢性を持ち、許容荷重(静荷重)は1550kg。パネル取付有効スペースは従来の43U、50Uに、52Uを新たに追加した。
前面マウントアングル、背面マウントアングルそれぞれ20mmピッチで100mm移動可能とし、様々な搭載機器への対応が可能。また、マウントアングル位置に追従したエアシールドを標準装備している。

配線スペースを約22%拡大し、背面側の電源や前後配線の作業性を向上。天井に開口(シート)を標準装備し入出配線に対応し、キャッピングのエア漏れにも対応。また、アンカー位置を四隅にすることで、設置作業の作業性と耐震性も向上させている。
塗装色はペールホワイト、ブラックの2色をラインアップしている。

https://ntec.nito.co.jp/news/pdf/0000004846.pdf

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG