イリス、インダクト社製振動センサを販売開始

産業機器輸入商社のイリスはドイツiNDTact(インダクト)社の振動センサ「smartPREDICT AE」の販売を開始した。
同製品は、加速度センサ「iMPactXS」を搭載し、0.06Hzの微細な振動から48kHzまでの幅広い範囲を、MEMS並みの高感度でセンシングする。従来の振動センサやヒトの感覚より早く異常の兆候を機械的に正確にとらえることができ、機器のメンテナンス期間に余裕を与え、保守部品を過剰に用意する必要がなくなる。またMEMS、ジャイロセンサ、温度センサを同パッケージ内に備えているため、音、温度、角度等の条件の変化に基づいた様々な使い方に応用できる。インターフェースはModbus/USBに対応している。
用途は、産業用ポンプやモーター、コンプレッサーの振動傾向モニタリングによる予防保全、ベアリングやギアの摩耗観察、マシニングツール等切削加工装置の摩耗による変化の観察、ロボットの関節駆動部に搭載し制御に用いる情報の補完、機器のオーバーロード・異常加速の防止など。

https://www.irisu.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG