安川電機、2022年度1Q決算 増収増益でスタート ロックダウン影響大もロボット事業が自動車向けに好調

安川電機は、2023年2月期の第1四半期決算を発表し、売上高は前年同期比1.1%増、プラス13億円の1203億円、営業利益は7.8%増、プラス10億円の140億円、純利益は2.8%増、プラス3億円の104億円の増収増益となった。

モーションコントロール事業は、中国のロックダウン影響が響いて減収減益。売上高は7.2%減、マイナス43億円の556億円。営業利益は37.9%減、マイナス42億円の69億円となった。ACサーボは半導体・電子部品向け需要が好調で、中国ではEVやリチウムイオン電池、太陽光発電用パネル等の成長市場で需要は堅調だったが、中国のロックダウンによる物流混乱などによって伸び悩んだ。インバータは米国のオイル・ガス関連の設備投資が増加も、ロックダウン影響を大きく受けた。

ロボット事業は、自動車産業のEV化やリチウムイオン電池関連の需要が好調で増収増益。売上高は9.5%増、プラス39億円の445億円。営業利益は61.9%増、プラス13億円の33億円となった。自動車産業以外でも、協働ロボット東野活用を通じた生産現場の高度化・自動化投資が増えたことに加え、電子部品市場の需要も拡大した。また、塗装・シーリングロボットのシステムメーカーのドゥリム安川を連結化したことも影響した。

システムエンジニアリング事業も増収増益。売上高は4.3%増、プラス6億円の143億円。営業利益は72.9%増、プラス4億円の10億円となった。港湾クレーンやリチウムイオン電池の生産設備向け需要や、大型風力発電用電機品、太陽光発電用パワコンが案件を獲得した。

https://www.yaskawa.co.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG