イノベーションという言葉に惑わされない 正しく起業・企業を増やしていこう

「イノベーション(innovation)」最近いたるところで聞く言葉だが、どこもかしこもイノベーションだらけで、軽い言葉になってしまった感がある。本来はアイデアから新しい価値を生み出し、社内外に変革をもたらすところまでを意味するが、最近は単に新しい技術やサービスを思いついただけで何の実績もないものがイノベーションを標榜し、また一つバズワード、言葉遊びの玩具が増えてしまったことに少し辟易している。

無から有を作るのは素晴らしいことだ。しかし生み出した後、同じように他で生み出されたものやサービスとの価値における生存競争を勝ち抜き、その結果として社内外に変革が起きる。そこまで出来てはじめてイノベーションと言える。その意味では、イノベーションに必要な要素は、新しいアイデアを生み出す創造力、発想力に加え、それを世間に知らしめる広報力、マーケティング力、さらには受注を多く獲得して社会へ浸透させる営業力、加えて定着して定番化させる保守やアフターサービス力まで、総合的なビジネス力とも言える。単なるアイデアや発想をイノベーションと捉え、賛美するのは違う。キチンと成功させて初めて真のイノベーションなのだ。そこを勘違いしてはいけない。

とはいえ、現実にはイノベーションを標榜する製品・サービスが溢れている。サービスの中身と言葉の意味を見比べて、しっくりきていないものも多いが、新しい価値の芽がたくさん生まれ、選択肢を増やしていることは事実であり、その傾向は大歓迎だ。選別はその成長過程で市場原理で行われればよく、ビジネスの種はいくらでもあるに越したことはない。何事にも物量は奇策に勝る。起業を促進して中小企業を増やし、そこから大企業へと育てる。そんな道筋を整理することが大切だ。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG