3回目の都市鉱山ブームが来るか 隠れた資源を引き出して使う技術を磨こう

2000年代半ば、携帯電話の内部基板から金が取れると話題になった「都市鉱山」。00年代後半から10年代初頭には、中国での生産停滞と対日禁輸措置によってレアメタル・レアアースの価格が急騰し、その時も都市鉱山がクローズアップされた。素材や部材の調達が難航する今、都市鉱山が3度目のブームになってもおかしくない。

実際すでに産業界では都市鉱山をうまく活用している。例えば、先日のJECAフェアで日東工業が出品していた新型の産業用蓄電池システムは、バッテリー部に日産の電気自動車(EV)の使用済みバッテリーを再利用したものを採用。EVバッテリーも、言ってしまえば都市鉱山のひとつだ。またセイコーエプソンは、グループ会社で金属再利用のエプソンアトミックスの新工場を建設し、グループ各工場の金属くずや端材等を引き取って再資源化を進めている。これも都市鉱山の活用だ。

日本の都市鉱山は世界有数の規模と言われる。以前は分解・破砕して金属材料を取り出すという形が主だったが、今はEVバッテリーをそのまま再利用する形のような、モジュール化して、そのまま他に転用するというやり方もある。日本は資源の乏しい国という認識は、20世紀の昭和の時代で終わり。21世紀の令和の時代は、潜在資源の多い資源大国という認識で、資源を引き出し、うまく使うことに技術を使おう。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG