15社中14社増収増益 22年度も好調継続へ 21年度工作機械メーカー収益状況

工作機械業界、工作機械メーカーの2021年度業績はどうだったのか?日本工作機械工業会は、会員企業のうち工作機械の専業比率30%以上の上場メーカー15社を対象に収益状況の調査結果をまとめた。

21年度通期の業績は、対象企業15社のうち14社が増収増益、残り1社も減収増益と利益を拡大。合計売上高は前年度比34.6%増の7248億8100万円、営業利益は467.8%増の530億6500万円、純利益は911.4%増の447億8500万円となり、コロナ禍で大幅に落ち込んだ20年度から急激な回復を見せた。

22年度の業績予想についても、15社のうち増収増益予想が12社、増収減益予想が3社。合計売上高は14%増の8260億4900万円、営業利益は37.3%増の728億3300万円、純利益は22.3%増の547億7500万円となり、21年度に続いて工作機械業界は好調持続の見通し。

調査対象企業は、専業比率30%以上の集計対象企業がエンシュウ、浜井産業、豊和工業、小池酸素工業、牧野フライス製作所、岡本工作機械製作所OKK、オークマ、西部電機、ソディック、スター精密、太陽工機、高松機械工業、滝澤鉄工所、和井田製作所。専業比率30%以下の集計対象企業がシチズンマシナリー(シチズン時計)、FUJI、不二越、倉敷機械(倉敷紡績)、黒田精工、ミロク機械(ミロク)、三井ハイテック、オーエム製作所(ダイワボウホールディングス)、桜井製作所、芝浦機械。

https://www.jmtba.or.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG