小出力、省エネ効果75% リタール 盤用クーラー3機種 アラーム視認性も向上

リタールは、制御盤や分電・配電盤用クーラーの新機種「Bluee+S(ブルー・イープラスS)」シリーズを7月1日から発売する。同製品は、ヒートパイプとコンプレッサーのハイブリッド冷却を採用した盤用クーラー。

周囲温度が盤内温度より高い時にはコンプレッサークーラーとして、周囲温度が盤内温度より低い時にはその温度差を利用しヒートパイプ空冷式熱交換器として稼働し、CO2の削減とエネルギー効率を実現。冷媒には低GWP値の不燃性混合冷媒「R513A」を採用し、CO2排出量削減に貢献する。

また、稼働状態の確認やメンテナンス性も向上し、LEDライトバーによって遠くから稼働状態が一目で確認可能。正常時の色は白・青・緑・ピンク・無灯から選ぶことができ、アラーム時は重大さによって冷却機能に影響するエラー発生は赤色で、故障ではないが注意すべき状態は黄色で表する。デジタル機能としてNFC通信に対応し、スマホアプリの「リタールScan&Service」で製品仕様の確認と製品管理、パラメータの設定・変更に対応。別売りのIoTインターフェースによって社内イントラネットやインターネットに接続して遠隔監視機能を追加することもできる。

このほか、部品交換やメンテナンス時のアクセスを容易にするハンドル付きルーバーグリルの採用や、国際認証各種を取得し世界中で使用できるマルチ電圧対応、電機安全に向けて配線用遮断器をアクセサリとして用意するなどユーザビリティを向上させている。ラインアップは300Wと500W、1000Wをそろえ、制御盤や分電・配電盤の寸法、発熱量に合わせた適切な温度管理が可能となっている。

https://www.rittal.com/jp-ja/content/ja/start/index.jsp

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG